2017年6月 4日 (日)

本日は幕張沖に・・・・!(速報)

Img_7351s
本日はこの子で幕張沖まで行って来ますsign03
YAMAHAのS-QUALO

9:00頃マリーナを出港。江戸川を下り河口付近の浅瀬を慎重に航行し東京湾に出ます。
東京湾から浦安沖灯標を北側に見て磁針路98度で幕張沖まで巡航します。
東京湾は波もなく28KTの快速で疾走します。
幕張の会場をアビームして北上開始。本日は沖合800mから岸よりは警戒区域となっています。目的地に近づくころ警戒船であるマリンジェットが一台近づいてきました。
「場所は決まっていますか?」と聞かれたので「いいえ」と答えると・・・・
「一番良い場所まで案内するから付いて来てください!」との事!
案内された場所は確かに一番良い場所ですsign03
しかも警戒ラインギリギリの一番前!
「ここが一番前だから」

早く出発して良かった!警戒船のおじさんありがとう!heart04

さっそく投錨しますが、今日は南西風が強まる予定。水深は6M・・・・
ちょっと長めに投錨します・・・・

Img_7329s
時間が経つにつれ、だんだんと船舶が多くなってきました!

1s
東京TCAをワッチしていると・・・あのコールサインが聞こえました!
きたぁ~sign03

S
凄い勢いでローパスして行ったのは
零式艦上戦闘機 通称ゼロ戦です。

S_2
マンションに掲げてある日の丸とゼロ戦・・・・・なんて美しい光景でしょうか!
何故か泣けてきました!

Dc3s
続いてダグラス DC-3のローパス

S_3
エアレースの方は室谷選手が優勝!

Img_7337s
クルー皆さんも大興奮

Img_7344s
この船、キャビンにエアコンはあるしトイレもあるし、横になれるし・・・・
でも、皆さんほとんど外に居ましたね!

Dsc_1605s
海上保安庁の皆様、ご苦労様です。
臨検を受けている船もいましたね!

Dsc_1697s
千葉県警の皆様もご苦労様です。

Img_7325s
警戒船の皆さんもご苦労様です。そしてありがとうございます。

Img_7322s
クルーの皆様。楽しめて良かったですね!
ありがとうございました。

Img_7323s
27ft艇とは思えないほど広々としていましたね!

Img_7350s
無事に帰港しました。

Img_7356s












» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

怪鳥シュテメ S10-VT

Img_7304s


シュテメS10VTがクラブ員にも開放されたとの事で私も飛ばさせて頂きました。
取りあえず期間限定との事だったのでこの超高性能機を飛ばして何が出来るか考えたのですが、筑波山まで行って滑空で大利根まで帰ってくる事にしました。

飛行規程を熟読しますが、操作がかなり複雑でこれは困った!(笑)

それに、この機体は乗り手を選びます!まず第一関門として機体に乗り込むのが大変です。
体が硬い私は大いなる困難に直面します。背の高い人は足から乗り込めるらしいですが、お尻からジャンプして乗り込みますが失敗すると怪我しそうです!

P1020233s
どうにか、コックピットに乗り込みます。右席の小池教官は軽々と乗り込んでます。さすが!



Img_7296s
S10VTの計器盤はまるでエアラインの計器盤の様に沢山の計器とスイッチがあって・・・・
見ているだけでワクワクします・・・・
が、実際に操作するとなると、そうとう完熟が必要そうです。

でわ、フライトプランも受理された事だし出発しましょう。この怪鳥は幅23mもあり大利根飛行場の滑走路幅よりも大きいです。
タキシングは慎重に行います。
ディファレンシャルブレーキは装備されていないので尾輪のステアリング機能だけで曲がりますので回転半径は大きくなります。

離陸は機軸を維持しつつ、主翼は水平を保ちます。長い主翼は少し傾けただけで地面に擦ってしまいそう・・・・

でも!飛んでしまえば、こっちのもの・・・・(笑)

P1020235s


トラフィックパターンを離脱して筑波山を目指します。
途中、霞ヶ浦基地の管制圏を通過して筑波山に向かいます。
初めての機体なので筑波山の山体に近づくのは控えめにして加波山方面まで脚を伸ばしますが、真壁滑空場から曳航されているグライダーを視認。
どんな風に飛ぶのかを見学させて頂きました。

P1020238s

さてそれでは・・・

「見せてもらおうかS10-VTの性能とやらを!」

って訳で、まずはエンジンを使って7500ftまで上昇。
手順に従いエンジンを停止してプロペラを格納するのですが、その操作が思いのほか激重です!

完全にグライダーモードとなって大利根を目指す前にTCAと通信設定をしてからグライド開始です。
LX9000に表示される滑空比が・・・無限大になっています(爆)!

ところで、筑波山から大利根飛行場にダイレクトに向かうと成田空港のPCAの上限6000ftに侵入してしまいます。
条件が良ければ上を通過する事も出来るのでしょうが念の為、PCAの西側境界にそって少し進路を西にずらして滑空します。
半分位来たところでも全然高度を失わないのでネガティブフラップにして80ktでかっ飛んでみましたが、それでもLX9000に表示される滑空比は30!なってこったい!(笑)

そのまま、大利根飛行場に近く(若草大橋)まで来ても4500ftです。失高はネガティブフラップ使っても3,000ftだった・・・・
迂回した距離も考慮して滑空比は丁度50でした・・・・恐るべし怪鳥!

P1020240s



さて、時間キレ(資金キレ)なのでエンジンをリスタート・・・これまた、操作が死ぬほど重いです(笑)
エンジンリスタートは1発ではかからず、プロペラがウィンドミルで回っているだけでした。
でも高度が有るので全然焦らず、もう一度リスタートしたら成功しました。
上空でエンジンが冷えていたので2回目はチョークを使ったらリスタート成功しました。

お次はダイブブレーキの利きも試したかったのでダイブ全開で降りてみましたが、ダイブのロックを外す時に吸出しでドガッと出てしまうので注意が必要です。
ダイブ全開での降下は思った以上に利きそうでした。

続いて脚下げですが操作してから右と左が時間差でグリーンが点燈するんで、ちょっと焦りました(かなりの時間差を感じた)

そうそう、フラップの操作も重いですね!
着陸はプラップ5度で行いました。
上空で振り回して慣れてきたのですが、ターニングファイナルはそこそこでもアラインしようとして大きな慣性力にちょっとアタフタ・・・

200ft以下が勝負どころです。主翼を傾けず機軸を維持して滑走路の中心を目指します。
すげぇ~緊張~

Photo
ちょっと高起こし気味でしたが無事に着陸・・・・あ~面白かった!

飛行時間 1+25 滑空(0+30)でした~

めったに経験出来ない滑空比50オーバーの超高性能機の世界。
オーナー様ありがとうございました。







| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

アマチュア無線・・・・・復活編!

小学生の頃、担任の先生がアマチュア無線の話をしてくれて興味を持った。
当時の国家試験は4月と10月の2回だけだった。
試験代は確か400円だったかな?

小学6年生の4月に電話級アマチュア無線技士の国家試験に合格したが・・・・無線機なんて高価な物は買えるハズも無い。
担任の先生の好意でFDAM3Dと言う50MHZのAM/FMトランシバーを借りてアマチュア無線を受信をして楽しんでいた。

中学に入学する前日に父が交通事故で亡くなった・・・・飲酒運転の車にはねられたのだ。
ますます、経済的に無線なんてできる雰囲気では無い・・・・
中学校では写真部と地学部に入部した。地学部の顧問の先生がアマチュア無線家だった(笑)

親戚のおじさんがBCLを買ってくれた!CF5950だった。
流星観測で電波観測を知った。
野尻湖にナウマン象を発掘に行かされた(笑)

中学2年の夏に、小遣いをすべてつぎ込んで50MHZのSSBトランシーバーRJX-610を購入した。リグの購入費と開局申請費で予算オーバーだったので安定化電源や外部アンテナは買えなかった・・・・(泣)
確か6月頃に申請して10月に局免が来た・・・・時間がかかるね!

RJX-610に単一乾電池を9本?入れて内蔵のロッドアンテナを伸ばして恐る恐るCQを出したら隣市のOMさんが呼んで来てくれた。1stQSOって事でQSLカードはダイレクトで頂いた覚えがある・・・・感動した(笑)

Photo
FT107 LINEでHF~50MHzまでQRVしていました。

内蔵のロッドアンテナでは交信できる距離には限度があるので、お小遣いをためて5/8λのGPを屋根の上に上げると、関東一円が交信可能エリアになった。Esが出れば日本中と交信できた。またお隣の韓国とも交信できて間隙した。

交信を重ねるうちに、近隣市町村に住む中高生に無線友達ができてお互いに行き来をするうちに、さらに無線にはまりこむ!

当時大学生のOMさん達が富士山移動に連れて行ってくれて、移動運用にも目覚めた!

中学生の無線友達と出来たばかりのサンシャイン60の展望台でゲリラ的に移動運用をする!パイルアップがすごすぎてビックリした!

東京タワーの展望台でも移動運用を試みたが、強烈な混変調で運用できなかった!

高校受験は、けっこうなめていたのか受験日前日にJARL千葉県支部大会に出ていた気がするhi

無事に?高校受験を終え、高校の部活を見学していたら科学部と言う得たいのしれない文科系の部に拉致される。当時の部長が中学生時代の私の活躍をしっていての犯行だ!(笑)

諸先輩に恵まれて?高校時代は無線絶頂時代です!
当時の科学部は生物、天文、化学、無線、写真となんでもありでした。生物班が全国紙の一面トップになるような実験に成功した事で、予算は潤沢にあった!

校舎の屋上にタワーを建ててHF~50MHZまでアクティブに活動!
4CX250B×2や4CX1500Bなんてシロモノで高周波増幅の勉強もしましたhi

Ji1ybb
千葉県立成田西高等学校科学部無線班・・・・なんて恐ろしいクラブだ!(笑)
下段真ん中がJM1DVI・・・・sign02

» 続きを読む

|

2017年4月 9日 (日)

ワット・パクナム日本別院と航空科学博物館と小林牧場の桜と~

雨です
しかも土砂降りsweat01

今日は朝から千葉県成田市にあるワット・パクナム日本別院にお邪魔しています。
なんでもソンクラーン(お祭り)らしいです。駐車場が混雑するとかで朝早くに出かましたが噂通り結構混雑していますね!

1
成田空港B滑走路(RWY16L/34R)の北側近くにタイの寺院があります。

2
タイ料理が無料で振る舞われますcat

4
雨なにに凄い人出です

美味しいタイ料理が振る舞われますが、最初は「無料でいいの?」とか申し訳無い気持ちでしたが、「お祭りなんで是非食べて行って下さいheart04」との事で美味しく頂きました。

มันอร่อยดี

ขอบคุณ


さて、成田空港の近くまで来たので久しぶりに航空科学博物館でまったりと・・・・

Photo
ん?XB-1のモックかな?なんだか親しみのある計器たちだ!cat

2_2
んん?もしかしてFC9801かな?
CRTは某NECさん?

この後、夕方にはもしかしたらVMCになるかもと淡い期待で応答無ぇ~飛行場に行くと・・・・・・

Photo_2
後天性航空廃人症候群の末期症状の50嵐機長の姿が!

なんと、50嵐機長とG★が飛行場に来ていました。君たち、天気図位読んでから来いよ!
「人の事は言えないけどさっ!あっ俺はいいの自宅が至近距離だから!」

Photo_3
そして、50嵐機長の願いが天に通じたのか青空が見えてきました・・・・
しかし、場周経路には低い雲が・・・・


更に天候の回復待ちをした50嵐機長はVMCを確認した後に右席に安全装置を追加装備(重量物)してTGLを行っていました。


50嵐機長の天候調査により小林牧場周辺はVMCが確認できたのでG109Bで小林牧場の桜を空撮に出かけます。

Photo_4
SCT020の上から見た夕日

Photo_5
小林牧場の桜は満開でした!

Photo_6
RWY07のロングファイナル~

んで、この後はG★機長もトラフィックを1周していました。結局この日は3便も飛んだ事になります・・・・恐るべし航空廃人症候群sign03


日が落ちてから今度は地上から小林牧場に行ってみます。

3

4_2

5

6

やっぱり夜桜は良いですなぁ~cat


| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

生ハムと五十嵐機長と成田空港と~

9時30分頃に飛行場に着くとそこそこブキングボードには名前が書かれています。
今日は前回に引き続き、生ハムの原木持参です(笑)

Photo
ようやくここまで消費できました!


更にクラブ員さんがイノシシの肉を持って来てくれたので、急遽「獅子鍋」を作る事になりました。やはり飛行場の給食はこうぢゃなきゃね!・・・・写真撮り忘れました!

五十嵐機長がG109Bで飛ぶと言うのでご指名を頂き、パセンジャーをする事になりました。
今日はTGLを行うそうですcat

Photo_2
五十嵐機長の操縦するG109Bに同乗させて頂きます!

Photo_3
ビシッとまっすぐ飛ばす五十嵐機長!
大利根トラフィックは3機~4機がぐるぐるTGLしていました・・・・
五十嵐機長はJMGCの売り上げに大いに貢献されております(笑)
これで、JA20GMも参戦すれば・・・売上倍増か!

Photo_4
単座を剝きました。出せばだれか飛ばすでしょう!
さっそく荒川先生が機体に乗り込みます(笑)
結局、藤沼教官が飛んでいました(笑)


さて、今度は自分が機長で飛んで来ます。
前回は松本行ったのでお金が無いので1時間コースです。
教育証明の勉強中のDG800オーナーの井上さんを積んで行きます。

Dg800
G109Bは大嫌いなDG800オーナー(笑)


今日は応答無ぇ~飛行場~銚子TACAN[CVT] ~山田レーダー(YAMADA ARSR)~成田空港(RJAA)上空~佐倉DME(TYD)跡~応答無ぇでフライトプランを入れました。

飛行場をRWY07で離陸。そのまま東進すると成田空港の特別管制区(PCA)下限900ftがあるのでクロスウィンドから出発、PCAの下限1500ftの下を潜って東進します。離陸してすぐに東京INFと通信設定を行いフライトプランのオープン。続いて東京TCA成田セクタと通信設定ののちTCAサービスを受ける。
PCAの下限が3000ftになったので1500ftまで上昇。シーブリーズを見に行こうとしたがとっくに通り過ぎていた・・・・東風が強いなぁ~
巡航1500ftでは時々レーダーに映らなくなるらしいが、山田レーダーは近いのに???
ターミナルレーダーなのかな?それぞれのレーダーが接続されて網になっているいんぢゃないのか???謎?

銚子付近から最低安全高度を考慮しながら降下して遊覧モード(笑)
もちろん、TCAに連絡しています

犬吠崎~屏風ヶ浦を経て飯岡漁港から高度を上げます。TCAには成田空港はトラフィックが輻輳しているので4000ftはどうかとの事で頑張って4000ftを目指していたら、いったん3000ft以下を指示される・・・成田の出発機と重なった?
山田レーダーで待機を指示されるがすぐに解除され4000ftで成田空港上空を通過・・・
こちらはVFRで管制圏外なので許可は要らなうが、笑顔で指示に従います(笑)

成田空港ではRWY34Lを離陸する旅客機を真下に眺めながら西進して佐倉VOR/DME跡を目指します。成田空港の西5NMに達してからTCAに連絡して2000ftまで降下・・・・

印旛沼上空でTCAをキャンセルしてフライトサービスをからランディングインフォメーションをもらう・・・

右席の井上さんのリクエストでタッチアンドゴーを1回やってフルストップ

G109Bの練習でスランプの井上さんに
「この程度の着陸で良いのなら、俺にもできる!」と自信も持って頂きました・・・・(泣)


この後、井上さんは小池教官とG109Bの練習をしていましたが
評価は特に伏せておきます(笑)

Photo_5
香取市(佐原市)の市街地

Photo_6
池の付近の樹木が変色?何が起こったのか?

Photo_7
利根川河口付近

Photo_8
犬吠崎灯台

Photo_9
成田空港上空

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

天気の良い週末は~松本空港~北アルプスへ

予報天気図とにらめっこ・・・
高気圧が関東甲信越に張り出してくる・・・
こんな気圧配置で飛ばない訳には参りません(笑)

行くなら「北アルプス」っしょ!
って事で土曜日は8:30に飛行場へGo!
まずは松本空港のPPRを取ります。
電話をすると管理事務所の方からヘリの運用があるので
係留をする様にとの事・・・

松本空港へ行くみなさん係留ロープを持参しましょう。

さて、経路ですが
大利根飛行場から松本空港へは
①都内~笹子峠(3,596ft)~甲府~塩尻峠(3,461ft)の中央道ルート
②熊谷~碓氷峠(3,149ft)~佐久平~上田の北陸新幹線ルート
とかがありますが、今回は熊谷~荒船山(4,669ft)~佐久平~美ヶ原(6,674ft)とし
ました。

②のルートも今回のルートも自衛隊高高度訓練空域のAreaHを通過するので事前に調整
が必要になります。AreaHの場合は航空自衛隊第2輸送航空隊(2nd Tactical Airlift Wing)に電話をして調整してもらいます。必要に応じて"OFF SIDE"124.9MHzと交信する様に言われます。

さて、お次は機体の準備です。
撮影窓があるJA09AWにしよう(笑)
最大離陸重量を考慮しつつ燃料を補給(笑)
フライトプランは最近クラブに導入されたSATシステムを使用してネット環境でファイ
ルします。これ便利っすね!

Photo_12

なんだかんだで離陸は10:30になりました。往路は増井機長です。
同じ時間に離陸したJA2351とJA172Jは竜ヶ崎市街でミッションフライトを実施しており
ます。往路の関東平野はなるべく高度を上げず東風を使いGSを稼ぐ作戦です。関宿のグライダーも好調の様です。関宿~熊谷は強烈な上昇風を速度に転じてGSはウハウハ!良い積雲があってグライダー天国でしょう!

Photo_13
関宿滑空場

Photo_14
東部動物公園

熊谷上空で東京INF熊谷サイトに位置通報をします。この位置情報はSATシステムでJMGCの端末にも表示されるのでクラブハウスで当機の動向が把握できます(悪い事は出来ない!)

くまがやドームは目立ちますね!関宿あたりから視認できます。ナビゲーションの良い目印です!

Photo
伊勢崎の飛行場です。モグラ見えますね!

熊谷を過ぎて伊勢崎に差し掛かる付近から地上がせりあがって来ます(笑)
数年前に愛さんとJA21HEで訪問した伊勢崎の飛行場を上空から眺めつつ荒船山を目指します。途中、北陸新幹線に抜かれるのは足の遅いモグラの哀しさですね~

荒船山は標高4,669ftですが特徴ある形をしています(日本のギアナ高原!)
妙義山のトゲトゲや浅間山の噴煙を眺めながら上昇域を見つけて高度を上げて行きます
が同時にGS(対地速度)も下がって行きます。特に荒船山付近は風が収束していてGSがかなり悲しい事に・・・・

特徴ある荒船山を越え、佐久平に入りました。ありゃ・・・思いのほか空気が湿ってい
るのかな?北アルプスは雲の彼方へ・・・(泣)

Photo_2
特徴的な荒船山

1
噴煙を上げる浅間山

 

上田に回り込み松本へ向かうのはちょっと、距離がありますね!
雲が多いですが美ヶ原高原を目指しましょう。蓼科山(8,301ft)の北斜面で上昇風を
探して高度を稼ぎます。美ヶ原高原を超えるにはできれば8,000ft欲しいですね(笑)
雪に覆われた美ヶ原高原美術館を眺めながら松本に向かいますが、ここで松本RDOと通
信設定します。

ありゃ!定期便の出発と到着にモロに被ります・・・フライト代金が・・・(泣)
RDOから5NM以遠で待機を指示されます。この場所は気流が悪くて嫌だな~と思いながら
定期便の出発と到着を待ちます。出発はRWY36で到着はRWY18の様です。到着機は塩尻からレフトダウィンウィンドRWY18ですね!・・・ってこっちに来るのか!
でもこっちは8,000ftだから無問題! 出発機の離陸に続き、到着機は眼下を通過して行きます。RDOに到着機視認を伝えるとRWY36のライトダウンウィンドへのアプローチを指示されます。美ヶ原高原上空から、よもぎこば林道上空を経由して松本空港へアプローチするのは滑空機かヘリコプターにしか出来ない芸当でしょう(笑) ダイブブレーキって便利っすね!VNE=VBSなのも◎~っ!

1_2
美ヶ原高原美術館

RWY36のダウンウィンドに入ります。そうそう、初めて行く人は高度に注意していてね
頭では松本空港の標高を判っていてもトラフィックパターンで900ft(MSL)目指して地面に潜ろうとする人がいますから(誰とは言わないが!)
ってな訳で無事に松本空港に到着。なんと1+50もかかってしまいました・・・・とほほ!

Photo_3
松本空港RWY36

スポットに入ると丁度、県警ヘリが離陸するところでした。翼端を持ち、強力なダウン
ウォッシュに備えます。係留ロープでタイダウンして管理事務所に行き手続きをしてからターミナルのレストランで昼ごはんです。

Photo_4
とんかつラーメン

Photo_5
天ざるそば!林檎の天ぷらがっ!

 

とんかつラーメンと天麩羅そばがお勧めです。(天麩羅そばには林檎の天麩羅が!)
レストランの従業員さんは飛行機好きで写真が店内に飾ってありますが・・・・G109B
が無い!今度、撮影して飾っておいて下さい!

昼飯後、観天望気の為に送迎デッキへ・・・北アルプスは雲の彼方です(泣)
乗鞍岳は見えていますので乗鞍岳を目指しましょう。帰り道に北岳かな?
って訳で、復路のプランは乗鞍岳(9,928ft)~北岳(10,473ft)~甲府~新宿。所要
時間は2+30としました。

エプロンに出て飛行前点検をして機体に乗り込みます。復路は私がPIC。
松本空港RWY36で離陸。10KTの向かい風で気持ち良く上昇します。
安全高度に達したのち左に旋回して乗鞍岳を目指します。丁度、梓川の渓谷を目指す感
じですが立派なV字渓谷の梓川は初めて行った時は当然、回れ右しました(だって怖いもん・・・笑)

Go
梓川のV字渓谷を目指します

何度かそんな経験を経て、登れる場所が判ってくると、面白いですよね!もちろん、ちゃんと退路を確保して進みましょう。無理は絶対にダメです。

梓川沿いを乗鞍方面に向かうと渓谷ななって行きます。渓谷の南側の斜面を利用して高
度を稼ぎますが
今日は思うように上がりません。いつもより多く回っております(笑)
眼下に松本電鉄の新島島駅が見えます。上高地に行くときはここで乗り換えですね!
更に梓川を遡ると奈川渡ダムが見えます。ここが上高地への正面玄関ですね!

高度は7,000ftを超えました。ここまでくると目の前の乗鞍岳や遠く御嶽山が良く見え
ます。残念ながら今日は穂高や槍は雲があって見えません(泣)

Photo_6
新島島駅上空から穂高方面を眺めるも雲が!

奈川渡~乗鞍高原にかけては、ほとんど風を感じる事はありませんでしたが、乗鞍岳周
辺にまとわりつく雲を見ると西風かな?普段は安房峠を超えて乗鞍岳の西側や上高地方面に飛ぶのですが、今日は雲が行く手を阻んでいます。南側に上昇域があったので数旋転して高度を11,500ftまで上げて乗鞍岳に挑みますが・・・

Photo_7
奈川渡ダムから乗鞍高原をへて南回りで登山開始!

なんか、嫌な気流を感じます。高度によって明らかに風向が違います。
この高度まで上がると、穂高~槍ヶ岳が綺麗に見渡せましたが、嫌な感じがするので(
空気の感じが)今日は乗鞍岳を愛でて退散しましょう(笑)乗鞍岳スカイラインが自家用車通行禁止になるまで、毎年天体観測に行っていたし、コ
ロナ天文台も宇宙線研究所も見学した事があるので、乗鞍岳に愛着があります(笑)

2
なかなか、上昇できません!

3
やっとこさ、乗鞍岳を制覇!

 

2_2
左の白いドームがコロナ観測場、真ん中の赤い屋根が宇宙線研究所です。

一通り、遊覧したので北岳に一直線・・・・とはいかず、少し風下を避けて南側に回り
込んで東進開始です。

松本空港の南西10NMで位置通報して更に進みます。眼下の諏訪湖が綺麗だなぁ~!
しかし、今日はいつもよりGSが出ない・・・いつもなら120KT以上で快速なのですが、
今日は90KT・・・え?TASも90KT??無風?そんな馬鹿な!

北岳が綺麗ですが既に1時間も飛んじゃっているので、今日はパスして早く帰ろう!
9,500ftで甲府を目指します。眼下に双葉の航空学園やサントリーの白州蒸留所も見え
ますね!

Photo_8
数日前まで凍結していたと言う諏訪湖!

Photo_9
八ヶ岳

Photo_10
南アルプス

Photo_11
航空学園と韮崎滑空場

甲府から笹子峠方面をみると峠の向こう側には雲がびっしり・・・・
上昇すれば飛び越えられそうかな?
一応、成田や羽田の天気をモニターすると良い天気・・・
でも、地上は東風だなぁ・・・
巡航高度の11,500ftに向かって巡航上昇を続けますが・・・

サーキュラTCM-50-004C-5-86「飛行規程の作成および取扱要領より
『高高度を飛行する場合には、次の容量を有する酸素供給装置を装備しなければならな
い。

イ) 3.000mから4.0000mまでの高度で飛行する場合は、当該飛行にかかる飛行時間か
ら30分を減じた飛行時間中、搭乗者が必要とする量
ロ) 4.000mを越える高度で飛行する場合は、当該飛行にかかる時間中搭乗者が必要と
する量』

と言う事ですね!10,000ft=3000mではありませんよ! 3,000mは9,842ftですよ!

と、言う事で無事に関東平野の西端まで来たし、低酸素症も怖いので雲を避けて降下を
開始しますが、キャノピーに雪の結晶がぶつかり出します!え~っ!今度は雪かよ!
視程は良く50km以上は見えていますが、雪にはビックリです。

このあたりで、ちょっとしたマイナートラブル発生~!

横田APPにレーダーモニターをしてもらいながら巡航降下で大利根に直行しますが
無情にも高度を落とすにつれ東風の影響がGSに表れ始めます・・・

なるべく高度を落とさず対地速度を維持したまま・・・・

横田APPから東京TCAに移り更に巡航降下しながら大利根を目指しますが
目の前に東京PCAが立ちふさがります・・・
ならば、PCAを通過しよう・・・

「東京TCA、JA09AWです。このまま東京PCAをクロスしたいと思いますが如何でしょうか
?」
「JA09AW、東京TCAです。支障ありません。クリヤードクロスPCA」

下総基地の管制圏の南側半分の上空は東京PCAですが、ここを許可を受けて通過します

ここまで来れば、あと少しです。

東京TCAを離れ、大利根フライトサービスを聴くと、このままロングファイナルでRWY07

着陸できそうです。IAS200km/hのまま降下します。

ロングファイナルに入り、あと少しです・・・
「ソフトランディングで宜しくお願いします」
「りょ・・・了解]・・・・緊張するなぁ~でも、どん着してしたら大惨事だ!

・・・・んで、緊張のあまりフレア操作を誤り、浮き上がってしまいました
「ゴーアランド!」
「えっ!そんな」

無情にもゴーアランドするJA09AW
反射的にゴーランド操作が出来たのは訓練のおかげです(笑)

フライトサービスに事情を告げてショートパターンに入りなおして、今度はサイドアプ
ローチで無事に着陸できました。・・・ごめんねワザとぢゃないのよ!

どんなマイナートラブルが発生したのかは、飛行場でクルーを捕まえて尋問して下さい!

復路の飛行時間は2+15でした

クラブハウスでSATシステムでJA09AWの動向を見ていた佐々木さんから松本空港から10NMになんで50分もかかるの?って聞かれましたが、「だって、そこに山があるんだもん」と答えておきました(笑)

と言う訳で、今回もロングナビゲーションを楽しませて頂きました。
皆さんもたまには、たまには関東平野を飛び出してみましょう!

最後になりましたが、長野県の消防防災ヘリコプターの事故に、心からお悔やみ申し上
げます。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

初単座(動滑) RF4D

Rf4d001
初めてのRF4D・・・・緊張しています(笑)

毎年忘年会で繰り返される愛さんの「来年こそはRF4とRF5を出すぞぉ!」が印象深く私
の中で勝手に神格化された様な幻の単座モーターグライダーのRF4D、先輩クラブ員より
舵が物凄くシャープで戦闘機の様な機動と聞き恐怖を覚えてた・・・・と言うところが
飛ばす前の率直な感じでした(笑)
いざ、実際に飛ばすと離陸はオーバーコントロールで姿勢を保つのにあたふた・・・
上空に行ってしまえば、とっても軽い操舵力とシャープな動きで、なるほど先輩達が夢
中になる訳がわかりました。Ka6Eのエレベータの物凄く軽い感じがRF4Dでは3舵全てに
感じます(笑)
ギアの操作も慣れてしまえばどうって事無いかもしれませんが、初めてのフライトでは
キチンとロックされているか何度も確認してしまいました。エンジンを手回しでかける
のもとても楽しいですし、もっと飛ばして完熟したらNAV行くのが新たな目標になりそ
うです。
その前に独りでエンジン始動できる様にならないとダメですね(笑)

Rf4d002
オーバーコントロールでへろへろとした離陸上昇になってしまった!

Photo
なんだ!これは?

Rf4d
無事に生還した2人・・・・
クラブ員のM井さんは人生初の単座だったそうです(上滑含めて)

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

冬の東北・・・・・・爆走

昼ごろには天気が良くなるかなぁ~

宿泊した山形市内のビジネスホテルは学生さん達の合宿だろうか?
1機しか無いエレベータは何回待っても満員(泣)
朝食サービスもどうぜ、満員で食べられないだろうと思い、チェックアウト時に覘いたら空いていたので大急ぎで朝食を食べた・・・

蔵王温泉スキー場までは積雪がありながらも順調に進めたが無料駐車場が見当たらない・・・数年前に来た時はあったはずだが・・・と何周もしてしまったが雪に埋もれたそれを発見して無料駐車場はあきらめてロープウェイ駅近くの有料駐車場に入る。

んで、スキー一式とウェアもレンタルして山頂に向かうがロープウェイが90分待ちだったのでリフトを3本乗り継いで樹氷高原駅へ、ここから山頂息のゴンドラに乗り換えて山頂に到着・・・・気温は氷点下10度、風速22m/秒・・・・視界はほぼゼロであった!
モンスターが見えないし寒いのでとりあえず滑って降りる・・・・

ザンゲ坂は視界が悪く渋滞中なので慎重に・・・・ってか視界ゼロだってば!
寒いし怖いし・・・ウン十年前にコースアウトして遭難しかけた事を思い出した(笑)

ユートピアゲレンデまで降りると視界良好で樹氷も素晴らしい!

Img_5239s

Img_5252s


Img_5265s

Img_5278s

Img_5283s

Img_5299s

Img_5301s

Img_5315s












| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

冬の東北・・・・・・爆走

さて、今日は蔵王温泉スキー場まで移動してこの時期の名物?の樹氷でも観光しようかと思ったけど天気予報を見ると雪snow ライブカメラも吹雪で視界ゼロです。

ならば、昨日通り過ぎたゆだで温泉spaでも入ってのんびりして、樹氷は日曜日に変更だ!

Img_5202s
ちょっと遠回りして昔お世話になった工場を見てきた・・・cat

Yuda
JR北上線のほっとゆだ駅の温泉spa
ここは以前入った事があるのでパス!(*^-^)

今回は観光案内所のお姉さんお勧めの~

Img_5213s
高繁温泉です。


温泉でまったりした後は吹雪の中を国道13号線を使って南下を続けました。
途中、仕事で良く言った大石田市や尾花沢が懐かしたっかです。

Img_5228s
日没時間頃に山形市の到着!
元祖エスプレッソ屋さんに行きます~

Img_5229s
エスプレッソが美味い!

Img_5231s
オーナーが世界中を旅して集めた品々

山形市内のビジネスホテルにチェックインした後は

Img_5232s

Img_5234s
すき焼き~






| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

冬の東北・・・・・・爆走

秋田県の仙北市でタイのコムローイみたいなお祭りがあるらしいとの情報を得て急遽、行ってみる事にしました。どうやって行こうか考えましたが結局、自家用車で行く事に・・・・
事前にスタッドレスタイヤの点検やリアブレーキのパッド交換・・・念の為にタイヤチェーンの購入・・・・等々の準備をしました・・・・rvcar

日の出と共に自宅を出発し都内を経由してひたすら東北道をAPRSしながら北上します。那須の付近で雪がぱらつきましたが順調に北上を続け、北上市手前の北上JCTから秋田自動車道に入ると景色は一変して雪です・・・・
路面も次第に圧雪路になり緊張しますsign03

錦秋瑚SAに着くころは積雪量にびっくり!です。

Img_5176s
凄い雪・・・・

Img_5178s

Img_5179s

大曲ICで秋田自動車道を降りる頃には日が落ちてだんだん暗くなってきました。
国道105号を北上していきます。今回の目的地は田沢湖の北西に位置する上桧木内ですが(なんて読むかわからない!)

Dsc_0607s

紙風船?の打ち上げ開始時刻にどうにか上桧木内に到着しましたが、予想以上に混んでいて駐車場がどこも満車です。しかも吹雪いて来て視界も悪い・・・・
どうにか車を駐車して吹雪の中を会場に移動します・・・・

Chi1z
デカイ風船が離床します!

Dsc_0584s

Dsc_0593s

Dsc_0604s

Dsc_0615s

吹雪の中、次々と紙風船が離床していきます~

Dsc_0632s

Dsc_0636s

一通り見物した後は吹雪がひどくなり帰路が心配なので早々に引き揚げました。
今夜のお宿は北上市内のビジネスホテルです~

Img_5198s
懐かしい~
昔の勤務先ではよく北上に出張していたよ!

Img_5199s
温麺

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天然 活JAMBOオマール海老 1kg前後 1尾
価格:7300円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】パラグライダー タンデムコース ペア招待券
価格:30000円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)


| | コメント (0)

«久しぶりのグライダー