« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

飛び納め

12月30日(日)
RJAA 300230Z 23024G38KT 9999 FEW030 13/00 Q0991 WS RWY16R TEMPO 25020G36KT RMK 1CU030 A2928
RJAA 300330Z 23025G39KT 9999 FEW030 13/M01 Q0990 BECMG 25022G36KT RMK 1CU030 A2924

成田空港のTAF(S)は
300009 25012KT 9999 FEW030 TEMPO 0216 25016G28KT=
と強い西風を告げてたたが今日が今年最後の営業とあって飛行場は朝から廃人が集まっていた。9時過ぎに飛行場に着いた時には順番待ちが6人目でした。

 さて、今日はどんなフライトをしようか?風は強いけど正対風なので久しぶりに銚子方面に行って銚子電鉄でも空撮してこようかな?。丁度良くソルジャーも来たので誘ってフライ地プランを作成。今日のコースは大利根-鹿島港-犬吠崎-香取(佐原)-大利根、所要時間は1時間。
 私たちの順番になる頃には予報どおり風が強くなってきた。220度から15KTガストは25KT程度でタキシングにも気を使った。ガツンガツンと揺られながらRWY25を離陸したすぐに対岸の土手のリッジだろうか?物凄い上昇気流に遭遇、昇降計が振り切れている。迎え風が強く地上の風景がすごく遅く感じる。このまっま1,300FTまで上昇して180度ターンで飛行場上空をオーバーフィールドして鹿島に向かおう。今度は追い風で地上の風景はあっと言う間に後ろに流れる。GPSの示す対地速度はなんと120KT!機上の対気速度計は85KTを示しているので追い風成分は35KTって事か・・・・こんな低空で凄い!
 成田空港はRWY16を使用しているので成田TCAと通信設定をしてTCAサービスを受けながらPCAの下限1500FTのエリアの南限にそって鹿島を目指す。高度が低いせいか地表の影響をモロにうけて乱流がすごい。今日の操縦は格闘戦だ!。ソルジャーにも操縦してもらって乱流時の「格闘」を経験してもらう(笑)
 途中、写真撮影のキャラバンとすれ違った。鹿島から龍ヶ崎飛行場に帰投するらしい。何のミッションだろうか?。鹿島港付近はもっと凄い乱流で写真撮影どころではなかった。大きなタンカーが係留されていた。ここから進路を変えて鹿島港から犬吠崎を海岸線に沿って飛ぶが冗談みたいな大きな編流角を取って飛行する。進行方向に対して30度も西を向いてとんだ。う~ん、せっかくだから計算盤を使って風を算出してみれば良かった・・・でも、私はやり方を知らなかった(笑)・・・今度、ちゃんと勉強しておこう。
 NAVには銚子VORを入れておいた。DMEの示す対地速度は35KTと悲惨な速度を表示している(泣)ぜんぜん前に進まないよぉ~

 利根川の河口付近から乱流がますます酷くなって、右席のソルジャーは手足を宙に浮かしている。見ていて面白い。きっと遊園地の絶叫マシーンより面白い(爆)
 目的の銚子電鉄を発見したので成田TCAに告げて空撮を開始、しかし激しい揺れで手ぶれしまくり(悲)。犬吠崎方面は更に揺れそうな気がしたのでこの辺で大利根に帰る事にして進路を西に向けるが、完全な迎え風となり対地速度はときおり25KTとか悲惨な状況。

 利根川にそって飛行するも、道路を同じ方向に走る車にビュンビュン抜かれている。う~みゅ、「行きはヨイヨイ帰りはコワイ」状態だ!。大利根の北東3マイルでTCAのお姉さんとサヨウナラをして大利根フライトサービスとコンタクト。地上の風を聞くと200度から15KTガスト25KTとの事。それから空撮の為にグライダーが2機上がっていると言う。なんでも還暦のパイロット達のイベントらしい。こんな日に空撮とは流石ベテランですね。それにしても横風ぢゃんか!。しかも、飛行場に西側には真っ黒な怪しい雲が迫っています。大利根の近くでは強い南西風ですが大利根の北側は強い北西風です。って事は「前線?」。コンバージェンス性の雲かな?
 さて、RWY25のライトベースにダイレクトに進入します。風が強いし息もあるのでいつもより20km/h増しで進入開始。利根川を渡りきる頃にはもう、ガシガシと揺らされますが格闘戦で姿勢を維持します。進入角を一定にして編流もとって風下に流されない様に。「きっとクラブハウスで皆が見ている」からみっともない着陸は出来ないなぁ~!
 クラブからウィングローに以降して機軸を合わせ、フレアー・・・・・ごく軽く尾輪から接地、続いて左主輪でちょっと走って右主輪が接地、風見効果で機首が左を向こうとするのを右ラダーで抑えますが、ラダーがストッパーにあたってこれ以上踏み込めません。右ブレーキもちょんちょんと併用して滑走路をまっすぐに進みます。十分に減速しているけど、主翼が風を受けて浮きそうです(笑)。後ろから曳航機が進入しているから早く滑走路を空けたいけど焦りは禁物。慎重に操作して駐機場に入れます。機体を停止後、右席のソルジャーに翼端を係留してもらい、操縦桿も固定して、主輪にはチョークを入れます。
 う~ん、我ながら気持ちの良い着陸でした。いつもこんな着陸が出来ると嬉しいのですが(笑)

 さて我々の次はo360さんがグローブでお出かけするそうですが、給油をしてタクシーダウンする頃には雨域が迫ってきてRWY25まで往復して帰ってきました。(悲)
 空撮の為にあがっていたグライダー2機も次々と降りてきて皆、クラブハウスに非難した頃は雷雨となりました。天気予報ではそんな事は言っていなかったのになぁ~
 しばらくクラブハウスで待機していましたが一向に雨が止まないので全員でグライダーを分解してトレーラーに仕舞います。皆、土砂降りの雨で濡れ鼠です。あ~寒かった(泣)

 クラブハウスのストーブの周りには服を乾かすために人の輪が出来ました(笑)。更に1時間後には雨が上がってきれいな青空が復帰しました。う~ん、もうちょっと待ってからグライダーを仕舞えば良かったのにぃ~
 o360さんも無事に飛び納めが出来たみたいです。

 ソルジャーと私は飛行場近くのK子教官宅にお邪魔して、鍋パーティーをしてか帰宅しました。今年も充実した「航空廃人生活」でした。

今年の飛行時間は・・・・恥ずかしくて書けません(笑)

Img_0004s
乱流と格闘中のソルジャー

Img_0007s
鹿島臨海工業地帯

Img_0010s
鹿島港

Img_0011s
利根川河口

Img_0016s
銚子電鉄

Img_0015s
銚子の郊外

Img_0019s
霞ヶ浦には怪しい雲が・・・

| | コメント (2)

2007年12月29日 (土)

大掃除はどうしたの?

Photo

大掃除はどうしたの?
今日は雨なので自宅の大掃除をしていたが、飽きたのでプラプラとA尾さんのハンガーに遊びに行ったら、なんとハンガーでギターを弾いていました♪。自宅の大掃除は奥様に任せて家出した来たそうです。(笑)

| | コメント (2)

2007年12月24日 (月)

横風上等・・・・になりたい!

12月24日(月)
Img_0001s
JMGCの主力機G109B


 今日は冬型の気圧配置で予報では強い北西風が吹くはず。でも、クラブハウスに行くと朝から廃人たちが集まっていた。3連休の前半は天気が悪かったので皆さん本日に集中したようです。しかし、非情にも風は340度から18KTG30KTと最悪の状態!
 「横風上等~!背風命!」と刺繍の入った赤いチャンチャンコを羽織るボスとか主任教官なら楽勝でしょうが、普通「廃人」達にはちと無理です。

 しかたが無いのでソルジャー小林を拉致してキャンピングカーのタイヤ交換をする事にしました。私のキャンピングカーの後輪はダブルタイヤなのですが、今回は運が悪く内側のタイヤがバーストしてしまいました。作業はJAFに依頼したいのですが、キャンピングカーはサービス対象外との事で非力な私はソルジャーの腕力を期待して「夕飯おごるから手伝ってよ!」と餌で彼を誘うのでした(笑)
 しかし、車載のダルマジャッキでは車体は持ち上がらず、車載工具ではナットも緩みません(泣)。結局、JMGC整備のI塚さん3tジャッキを借りで車体を持ち上げ、ナット回しには整備のM田さんがエクステンション用に長めの鉄パイプを貸してもらって悪戦苦闘の末に無事タイヤ交換は終了しました。

 飛行場に戻ると「風が少し弱まったから飛ぶなら今だよ!」と主任教官殿からお言葉を頂きましたがタイヤ交換でお腹が空いた我々は「とりあえずカップめん!」と言いながら昼飯を頂きます(笑)

昼飯を食べ終えて風を見ると・・・・・う~みゅ、310度から15KT程度吹いています。ちょっと正面を向いて来たけどまだ手強いなぁ~!でも、横風離着陸の技量維持をしたから30分くらい乗っておこうと、ソルジャーを誘ってG109Bに乗り込みます。
 タクシーダウンは斜め後ろから風を受けるので煽られないような操縦桿さばきが必要。ランナップを終えて滑走路に正対して、再度ウィンドチェックの後に意を決して離陸~!プロペラ後流に加えて強い北西風なので風見効果で機首は激しく右を向こうとします。その風下側のラダーペダルを踏んで対抗しますが、「こつん」とラダーペダルがストッパーにあたりますが、「つんつん」作戦を発動して機首を保ちます(笑)
 注)ツンツン作戦とは・・・・ラダーが足らなくなったらブレーキをちょっと使う作戦です。

エアボーンしたら「うりゃ~!」と右ラダーを踏んで風に正対させて偏流を取りつつ滑走路の延長線を上昇。上空は思ったより気流は荒れていない・・・・と思ったら「ガツン!」と着ました。(笑)

 向かい風になるクロスウィンドは全然前に進まないけど、背風となるダウンウィンドでは「びゅ~ん」と一気に進みます。ターニングベースは流されない様にいつもより早めに深くまわり、ターニングファイナルも同様。オーバーシュートして風下に流されると修正が大変なので気を使います。

 ファイナルでは右に偏流を取っているので滑走路は左席からよく見えます。練習し始めた頃は横風は嫌でしかたなかったのですが、今ではこのくらいの横風はかえって楽しい?です。・・・が、やっぱり低高度の乱流域ではガシガシにゆれます。

「うぉ!格闘戦だぁ」とソルジャーもうれしそうです。3回TGLを行い2回は納得の行く着陸でしたが、1回はフレアー操作中に向かい風が強くなって沈み込みが来ず、速度が低下して来た所で風がなくなり「ドシン」と接地しちゃいました・・・・・・(泣)
まだまだ修行が足りないようです。

少し休憩してから、今度はソルジャーがPICで飛びます。久しぶりにG109Bを飛ばすというので緊張していたようですが、さすがはソルジャーです。なかなか楽しく飛べました。

さて、今夜はクリスマス・イブですが、ソルジャーに夕飯をおごる約束をしていましたので、同行したI川さんと男3人で寂しく対岸の鰻屋でディナーとなりました(寂)
 

Ts3c0467
タイヤ交換も出来ます。ソルジャー小林

Img_0002s
モグラの操縦も出来ます。ソルジャー小林機長

Img_0005s
RWY25を離陸すると直ぐに利根川を渡ります。

Img_0006s
千葉県側から利根川と遥か彼方に筑波山が見えます。美味しい雲!

Img_0009s
第2栄橋改め若草大橋

Img_0017s
RWY25のショート・ファイナル

Img_0020s
RWYチェンジしてこちらはRWY07のファイナル

Img_0021s
利根川を渡り終えると滑走路

Img_0030s
日没後にタキシングの練習をするM田さん!

Img_0031s
クリスマス・イブに対岸の鰻屋で乾杯する航空廃人

| | コメント (4)

2007年12月23日 (日)

タンデムファルケで編隊飛行

12月23日(日)
 今日は朝から冷たい雨が降っていた。自宅でPCの整備や部屋の掃除をしてドタバタとすごしていたら昼過ぎから、飛行機のエンジン音が聞こえだした。外に出ると雨はすっかり上がって青空が広がっていた。
 急いで飛行場に行くと、既にクラブ員がたくさん集まっていた。皆、ちゃんと天気予報を見て、午後から晴れる事を知っていたみたい。(笑)
 グローブでちょっと飛ぼうと思ったけど、練習生で予約が一杯だったのでタンデムファルケで飛ぶ事にした。ソルジャーが暇そうなのでバラスト代わりに後席に乗ってもらう。
 昨日からの雨でグラスエリアはぬかっているので滑走路をタクシーダウンするが、旋回半径の大きなタンデムファルケで滑走路内で180度ターン出来るだろうか?と心配しながらタクシーダウンしていたら、K本さんとA尾さんのG109Bが続いてタクシーダウンしてくるではないか!「おーい、こっちは旋回半径大きいんだから遠慮してくれぇ!(泣)」

Photo
撮影:A尾様

 ターンパッドに機体を入れ、後から来たK本さんのG109Bに先に離陸してもらう。A尾さんのG109Bにはグラスエリアに出て待機してもらった。
 我々のタンデムファルケが離陸してすぐにA尾さんのG109Bも離陸して来た。西に向かっていると言うので後ろにつける事にする。既に我々は2,000FTまで上昇していたのでクルーズピッチにして速度をつけて襲い掛かった・・・な訳はなく、後ろについて暫く編隊飛行の練習。
 A尾さんに浅いバンクで180度ターンをしてもらったが旋回の外側に付くのはタンデムファルケでは難儀した。
 ふと、A尾さんを見るとこっちを見て写真を撮っているではないか!こりゃ、やばい!!と思ったらやっぱりG109Bはこっちに寄って来た!(笑)
 キャー怖い~!と叫びながら左にブレークして逃げ出しました(爆)

あ~面白かった~

日没後は飛行場近くのA尾さんのハンガーでお寿司をご馳走になりました。美味しかったです>A尾さん

Ts3c0468
A尾さんと整備中の愛機。A尾さんのハンガーにて

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

飛行機の操縦練習

12月22日(土)

Img_0367s
A150Lの操縦席

 今日は飛行機の練習日。でも、朝から雲が低く雨が降り出しそう・・・しかも雪になりそうな位に寒い!。予報では雨の降り出しは夕方からだったのに(泣)
 こんな日はキャブレターアイシングが起こりやすい事を知ってはいたが、実際に暖機運転中にキャブレターアイシングが起こった(驚)。やっぱり実際に体験すると経験値が上がる「気」がする(笑)
30分ほど教官とタッチ・アンド・ゴーを繰り返す。う~ん、我ながら「ヘタクソ」だった(泣)

 その後、o360さんがモグラに乗ると言うので右席に乗せてもらった。エアワークの復習をするとの事で失速からの回復操作、上空でのエンジンカット&リスタートなどを行って、着陸。今度は私が左席で飛行場周辺をプラプラと散歩したり、ノースポイラーランディングの練習をした。ノースポイラーランディングは実際には着陸せずに進入だけで挙動を確かめる事にして2回行ったが、我流だと危険が危ないのでちゃんと教官に教わることにしよっと!。

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

日常に戻ります・・・

日常に・・・
シャイアンでの夢のような沖縄離島ツアーが終えて、今日から普段の生活に戻ります(泣)
まだ、日の出前から通勤電車に乗って会社に行きます〜
寒いよぉ〜(泣)

| | コメント (2)

2007年12月18日 (火)

某飛行場に到着

都内飛行場に到着

2007121801

某飛行場に到着

某飛行場に到着
粟国を12時30分頃に離陸して都内飛行場に15時前に着きました!
FL270を対地速度430KTでカッ飛びクルージングでした。
途中F/A18とすれ違ったけれど、あまりの相対速度で撮影出来ませんでした。

今回はこの様な大変、貴重な体験をさせて頂き、ひらおかさんには大変感謝しております。ありがとうございました。

ビデオ編集頑張ります(笑)

| | コメント (3)

粟国に到着

粟国に到着

粟国に到着

粟国に到着

粟国に到着

粟国に到着
今回のツアー最後の寄港地、粟国に着きました。
この空港は那覇との間に1日3往復の定期便があります。
この後、都内に向けて最後のレグになります。

| | コメント (0)

粟国に向けて出発

粟国に向けて出発
那覇は弱い降雨です。

| | コメント (0)

いよいよ最終日

いよいよ最終日
那覇の空はドロドロの曇天です。
今日は粟国に立ち寄って都内まで一気に帰ります。
写真は今日の朝食・・・

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

那覇と言えば・・・

2007121702


那覇と言えば・・・

那覇と言えば・・・
那覇と言えば当然「ジャッキー」のステーキです(笑)
あ〜美味しかった!(嬉)

スダチさんは那覇からラインで羽田に帰ったのでステーキが食べられませんでした(泣)

| | コメント (0)

那覇国際空港に到着

那覇国際空港に到着
完全なIMCで那覇にアプローチしました。機体最後部席はかなり揺れてビデオカメラは完全に書き込みエラーになりました(泣)

| | コメント (0)

北大東に到着

北大東に到着

北大東に到着
約5分間のIFRで北大東島に着きました〜
ひらおかさんはとても忙しいそうでした(笑)

| | コメント (0)

南大東島に到着

南大東島に到着

南大東島に到着

2007121701


南大東島に到着しました。
FL270で快適なフライトでしたが、宮古島付近からレーダーベクターになり予定より早く南大東に着きました。
お陰で、南大東を出発するラインと重なり、南大東上空で待機となり思いがけず遊覧飛行となりました。

南大東はレストランが閉まっているため、みんな弁当です。

次は北大東に向かいます。所要5分間の最短なIFRです。

| | コメント (1)

宮古島上空

宮古島上空
現在、宮古島上空FL210からFL270に上昇中

| | コメント (0)

南大東島へ向かいます。

南大東島へ向かいます。
今日は石垣島から南大東島へ向かいます。
今日もIFR日よりです。
写真は石垣島で泊まったホテルからの景色です

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

石垣島に到着〜

石垣島に到着〜

石垣島に到着〜
今日は、
宮古島-波照間
波照間-多良間
多良間-与那国
与那国-石垣
あ〜楽しかった(笑)

| | コメント (0)

与那国空港に到着

与那国空港に到着
結局、与那国空港に到着しました。

| | コメント (0)

多良間空港に到着

多良間空港に到着

2007121604


多良間空港に着きました。レストランは休業していたのでお弁当を食べてます。
与那国は天候不良の為に断念します。
石垣のスポットは17時まで空かないので多良間でブラブラしてます〜

| | コメント (0)

波照間島に到着

2007121603

波照間島に到着

今日は宮古島を離陸して波照間島に到着しました。有人島としては日本最南端の島です。
波照間空港は定期便が無くなって寂れてしまいました。

| | コメント (0)

2007年12月15日 (土)

宮古島は常夏♪

2007121503

2007121504

2007121601

2007121602

白い砂浜とオリオンビール〜

| | コメント (0)

宮古島に到着

宮古島に到着
無事に宮古島に着きました。
こっちは天気予報に反して晴れで温かいです。

| | コメント (0)

宮崎到着

2007121502

1ヶ月前、G109Bで7時間かけて来た宮崎まで、シャイアンだとたったの2時間30分です。旅客機なみの速度でした。
宮崎で給油と昼飯をして宮古島を目指します。

| | コメント (0)

シャイアン速報

2007121501

これから都内飛行場を離陸して宮崎経由で宮古島に向かいます。

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

戦え!ニコンD3 (Fight! Nikon D3)

おもわず、大爆笑です。

http://jp.youtube.com/watch?v=bCkATswP3Ls


ついでに、猫関係のLINKです。これも凄い!

Neko
マトリックス風猫ジャンプ
http://static.iftk.com.br/mt/2007/11/cats_can_fly_38_pics.html

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

仮設VOR

12月9日(日)
 忘年会の翌日、良く晴れたのにクラブ員の出足が遅い。前日の忘年会は2次会、3次会まで行われた模様です。少したって人が増えてきたなぁ~と思っても、フライトする人は少なめです。皆さん二日酔いですか?それぢゃ飛べませんね!
 と、言う訳で機体が空いていたので平岡さんとグローブで常総VORと印旛VORを見てきました。定期メンテナンスで佐倉VOR、守谷VORが停波しますが、印旛VORが佐倉VORの、常総VORが守谷VORの代替となります。AIC等の情報によると試験電波が出ているみたいなので実際に受信しながら常総VORに向かいますが????AICに書いてある周波数で向かうと印旛VORに向かってしまいます。試しに印旛VORの周波数にあわせると常総VORに向かいます???・・・・どう言うこと??

002
守谷VORの代替、常総VOR

003
佐倉VORの代替、印旛VOR

どうやら、周波数が変更になったみたいですね。
代替VORの試験電波と言うことで「元無線少年」の血が騒ぎます。これは「受信報告書」を提出してベリカード(受信確認証)をもらわなくては・・・・

ハッ!VORは受信だけどDMEは此方から質問電波を発射して応答電波を受信している訳だから「交信」になるのか???

| | コメント (2)

2007年12月 8日 (土)

忘年会

12月8日(土)
 今日は6ヶ月ぶりに飛行機の練習を行った。諸般の理由により中断していた練習が再開されたので飛行機訓練生が3人も集まり、教官がたった1人で対応してくれました。久しぶりの訓練だったので慣熟の為、エアワークを実施。う~みゅ、久しぶりにミッチリと練習したので疲れました。最後の着陸ではギャラリーに「ヘタクソ!」と言われましたが・・・私の「腕」のせいではありません(笑)

 一日のフライトが終了したあとは、JMGCの忘年会です。取手市内の会場に皆で移動します。それにしても毎年盛況で椅子に座れないのは当たり前!床に座れればまだマシです。エレベーターホールまではみ出して宴会しています。そのうち、忘年会がJMGCのボスの還暦を祝う会になりました。

001_2
赤いちゃんちゃんこがステキです

000
横風上等」「背風命」・・・う~みゅ!

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

神津島

12月某日
 ひらおかさんがチェロキーで伊豆諸島めぐりをすると言うので同乗させて頂きました。私は大島と新島はPICで行った事があるのですが、神津島と三宅島は行った事がありません。もちろん八丈島も・・・って訳で、神津島を狙いますが強風なので目的地を新島にします。
Img_0013s

Img_0017s

Img_0019s

Img_0021s

 ひらおか機長の操縦で都内飛行場を離陸、神奈川県の大山を遊覧して小田原から伊豆半島の東側を南進しますが、雲が出てきたのでオントップします。
 下田付近から新島を目指して洋上飛行。伊豆リモートと交信して周辺のトラフィック情報をもらい新島を遊覧。PICとして新島に来た時は離着陸操作で遊覧している暇はなかったので楽しいです(笑)
 続いて式根島を遊覧して神津島へ・・・神津島空港は断崖絶壁にありますので強風の時はとっても危険な空港になりますね!こんな日は上空から眺めるのが一番です。駐機場には新中央航空のドルニエが停まっています。こんな強風でも運航しているんですね!
 島を一周して神津島の主峰、天上山(571m)の風下側に回り込むと沈下帯に入り高度を維持するのにフルパワーにしなくてはなりませんでした。
 神津島遊覧の後は新島に着陸して空港の近くにある中華料理屋で昼飯を食べて、大島~館山~横須賀経由で都内に帰りました。
 途中、東京湾の入り口にある第二海堡から盛大に黒煙が立ち上がったように見えたけどなんだったのだろうか?

ひらおか機長様、いつも同乗させて頂きましてありがとうございます。

| | コメント (4)

2007年12月 6日 (木)

鉄分補給

12月某日
今日は、なぜか鉄分補給しています。
JR沼津発~小田急新宿行き「あさぎり2号」で新宿に向かいます。

Img_0001s
JR東海の列車です。

Img_0004s
普通車は満席だったのでグリーン車へ・・・

Img_0006s
おぉ~すごく広いエントランス

Img_0005s
グリーン席は2階席で1-2配列です。富士山側の座席をGET!

Img_0009s
車窓からは立派な富士山が見れました。

結局、小田急本厚木駅までグリーン車は貸切状態でしたが、小田急町田からはグリーン車も満席となりました。今回、初めてJR御殿場線と小田急線を結ぶ連絡線を体験しました(笑)

あ~温泉に入りたかった・・・・(泣)

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

食えよ国民!!!

日清の「どん兵衛」と「機動戦士ガンダム」がコラボレーション!
日記の更新中でしたが、思い切り笑えたのでUPします(笑)

食えよ国民!!!

http://donbei.jp/gundam/

Donbei_gundam

| | コメント (2)

2007年12月 3日 (月)

タンデム・ファルケ×2

12月3日(日)
 昨日は天気はまぁまぁ~だったのにクラブ員はあまり来なくて、閑古鳥が鳴いていたのに今日は朝から満員御礼です。G109Bは訓練生が順番待ちをしていたので、タンデムファルケJA907Bでさんぽに行く事にした。後席にモグラ訓練生のM田さんを乗せて筑波山まで行く。往路では強い南風の為、20分で着いてしまいました。もっともこのファルケはプロペラピッチが上昇/巡航/滑空と3段切り替えなのでG109Bに遜色なく巡航できます。
 筑波山の斜面上昇風でちょっと遊んで、6,500ftまで上がるとヘイズトップです。日光や浅間山も見えます。筑波山系の北の端、加波山まで来てUターン。おっと、こんな高さにもパラグライダーが飛んでいます。筑波山系はパラグライダー/ハンググライダーのメッカですね!
真壁滑空場の滑走路にはファルケが確認できました。
 大利根飛行場に帰って、一休みしてから、今度はソルジャーを後ろ席に乗せて、タンデムファルケで仮設の印旛VORを空撮に出かけます。コンパクトデジカメを忘れたので携帯のカメラで撮影しました。タンデムファルケにはVORが搭載されていないので電波が出ていたかどうかは確認できませんでした。

Photo
印旛VOR

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

双発ターボプロップ

11月25日(日)


 三連休の最終日は、都内飛行場から八丈島まで双発ターボプロップ機の「パイパー・シャイアン」を飛ばすと言うので同乗させて頂いた。

 実は、前日の24日(土)に、タブパパを迎えにG109Bで大利根から都内飛行場まで往復したのだが、空路だと片道30分弱しかかからない某飛行場も電車だと2時間30分もかかるんです。(泣)

 都内飛行場に到着してプロペラカフェに入ると、なぜか本土には居ないはずのスダチ氏がいるではありませんか!なんでも、シャイアンに同乗する為に前日、エアラインで八丈島を抜け出して都内に潜伏していたとか・・・さすが、 「廃人」はちがうなぁ~と妙に関心。

 さて、シャイアンをご存知無い方に簡単に説明します。ずばり、自家用操縦士の資格で操縦する事ができる機体としては最速最大級の航空機なんです。

Pic_0130
 ※パイパーシャイアン400LS
  双発ターボプロップ(1000馬力×2)
  9名乗り(操縦士含む)
  速度400mph
  最大離陸重量約5.5トン
  実用上昇限度41,000ft

G109Bの最大離陸重量は0.85トン。エンジン出力は90馬力ですから、どれだけすごいか判りますよね!

Pic_0133

Pic_0136

Pic_0139

Pic_0155_2

Pic_0161

Pic_0166

Pic_0171

| | コメント (8)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »