« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

PCクラッシュっ!(泣)

1月31日(木)

Hdd_3

自宅のディスクトップPCの主記憶装置が逝った(泣)crying
それは突然の出来事でした・・・・・
4年間も長期外出時とか停電以外は連続稼動でこき使ってましたが・・・・
しかも、フライトシミュレータを楽しむ為に「速度命!」なセッティングだったのでHDDは80GBのSATAを4台使用したRAID0構成で320GBとしていたので、1台でも壊れると復旧は不可能です。ただ、なんとなくそろそろ壊れるかな?なんて思っていたので前日に500GBの外付けHDDを購入して主だったDATAはバックアップ取っていたのがせめてもの救いでした。まぁ~4年間も使っていたのでHDDには使用していないプログラムがたくさんあったし、ちょうど良い機会なので整理する事にしました。
さて、PCの復旧ですが、CPUもマザーボードもメモリ、グラフィックアクセラレータボードも、まだまだ現役で使えるのでHDDのみを購入してきました。今度は信頼性も欲しいのでRAID5で構成します。500GB4台で1.5TBにしました。ハイビジョンビデオとかのDATAも扱うのでこれくらいで良いかな?バックアップ用の外付けHDDも強化しなくては・・・cat

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

グライダー訓練と風邪?

1月27日(日)
 今日はグライダーの練習をした。RWY25だったので駐機場からリトリブ・カーでエッチラオッチラと練習機JA2294を曳いて行く、グラスエリアは結構ぬかるんでいてドロドロ~!。リトリブ・カーを切り離し、人力で機体を動かそうとしたら・・・動かない・・・????。なんと大量のドロがメインギアのタイヤボックスに挟まっている(泣)。棒切れでドロをかきだしてどうにか動くようになった。
 今日の練習生は3名。斉●さん、FOXさん、けいぶん。教官は主任教官殿です。先ずは斉●さんから練習開始。斉●さんは2発目で1時間以上滞空してなかなか降りて来なかった(笑)。続いて、けいぶんの練習。1発目は2,000FTで離脱して教官と一緒にソアリングを経験した。他機とガグルを組んだりしてとっても良い経験になった。3,800FTまで上がると景色が違って見える。2発目はエマージェンシーの訓練。曳航Pは「島抜け」して来た航空廃人さま。600FTで教官操作で離脱~!。これには落ち着いて対応できた。3発目は教官と曳航Pが相談している「何やら怪しい雰囲気が漂う」。

教官殿「北風なので飛行場の北、2000FTでお願いします」
曳航P「了解♪」
練習生「・・・・あやしい」

さて、今度はどこで切られるかな?と思いながら「出発~っ!」
エアボーンして直ぐに「ブチッ」と来たぁ~!

これは焦った!スポイラーを出して直ぐに機体を地面に擦り着ける様にして着陸?これは駄目な操作でした(泣)危うく索を踏むところでした(怖)

って訳で今日のフライトは3発!
1発目 フライト時間30分
2発目 フライト時間3分
3発目 フライト時間1分(本当は10秒くらい?)

私の練習の後はFOXさんが教官同乗で1発、ソロで2発飛んで本日の練習は終えました。

日が暮れてから、K子教官宅で「ハンガーを建てちゃった廃人のA尾さん」と夕食に鍋を頂きました。

帰宅したら、体中の関節が痛いなぁ~??ちょっと熱っぽいかな?なんて思っていたら、しっかり風邪をひいてしまいました。
あぁ~寒かった!でもグライダー面白い♪

Photo_4
訓練機JA2294/ASK13

Photo_5
訓練風景

Photo_6
グライダーの耐空検査

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

SL南房総号の空撮

2008年1月26日(土)
SL南房総号を空撮する為に出撃したのだが・・・・Photo
GPS航跡


 1月26日(土)はグローブでJR千葉支社のイベント列車「SL南房総号」を空撮に出掛けました。右席は、お酒を飲むともの凄く・・・・・・・楽しくなる石●さんです。SLは13時過ぎに外房の勝浦駅を出発して16時前に館山駅に着く予定です。我々は勝浦を出発した頃を狙って行ったのですが、勝浦上空では報道ヘリが数機、SLを空撮する為に飛んでいました。空対空無線でこちらの存在を知らせましたが「怖い」ので遠くからSLを見ただけで早々に大島空港に向かいました。
 大島空港で昼食をとったあと館山経由で大利根に帰りましたが、館山基地の管制圏ギリギリでSLを上空から眺める事に成功しました。 肝心な写真は取れませんでした。まだまだ修行が足りません(笑)

Photo_2
石●さん、楽しそうです(笑)

Photo_3
天津小湊の北にある「おせんころがし」

Photo
大島空港RWY03に進入中!

| | コメント (5)

2008年1月25日 (金)

モバイルPC導入

1月25日(金)

Sr8kp06

今日は楽しい給料日~♪
けいぶんのモバイル環境は10前に購入したVAIOノートPCと貧弱なPDAそして携帯電話しかありません。特にVAIOはWINDOWS95世代のため「パソコン通信」くらいにしか使えませんでした。航空機で遠出した時にモバイル環境が無いと気象やノータムの入手に不便なので奮発してモバイルPCを購入する事にしました。

 今回、購入したPCは工人舎製のA5ファイルサイズPC「SR8KP06」です。スーパーマルチDVDドライブも搭載して重さは1.1kgととても軽いのが気に入っています。無線/有線LANやUSBポート、SD/メモリースティック/MMCカード、CFカード、Bluetooth、ワンセグチューナーも搭載しています。
 これで長い通勤時間も有効に使える・・・・かも!

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

ブログ開設一周年!

2008年1月24日(木)

Dsc_0052
おかげさまで、本ブログは開設1周年を迎える事ができました。更新が遅れがちですがこれからも宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

グライダー訓練と筋肉痛!

2008年1月20日(日)
 今日は朝からグライダー訓練~
訓練生は、斉○さん、マッコイさん、FOX斉○さん、けいぶんの5名。教官は遠○教官、曳航機パイロットはひらおかさんです。先ずは、私が教官同乗で2発飛び、訓練生は2発づつ順番に飛びました。今日、3発目の曳航で、ひらおかさんはハスキーによる曳航が1,000発になったそうです。凄い~!
 続けて、昼から3発をソロで飛びましたが、この時は、ひらおかさんに曳航されながら急旋回を続ける「引き回しの刑」をやって頂きました。曳航機に追従するのは必死だったけど楽しかったです(笑)。結局、この日は5発飛ばさせて頂きました。

 それから、グライダー訓練生のマッコイさんがグライダーでファーストソロに出ました。おめでとうございます。マッコイさんは、お仕事で「双発でプロペラの無い定員2人で緑色っぽい機体」に乗っています。(笑)

 しかし、グライダーって地上取り回しは肉体労働ですね!。運動不足な私には良い運動になりました。あぁ~筋肉痛がぁ~

| | コメント (5)

2008年1月19日 (土)

飛行機訓練とグライダーのファースト・ソロ

2008年1月19日(土)

080119_2
グライダーのファーストソロ  撮影:ひらおかさん

 今日は柳○教官と飛行機の訓練を1時間。エマージェンシーの手順とノー・フラップランディングを行った。ノーフラップランディングは、なかなかうまく出来たと思う(笑)。
その後は、ひらおかさんがG103でソアリングをすると言うので後席同乗させて頂き、1時間30分ほどソアリング。大利根フィールドでは最大5機もグライダーが飛んでいました。ひらおかさんに解説してもらいながらのフライトはとても楽しかったです(嬉)

 さて、その後は、自分のグライダー訓練です。今日の教官は染○教官です。シラバスに従って今回はスピンからの回復操作を行います。初めてパラシュートを背負って機体に乗り込みます。パラシュートって意外に重いんですね!。翼端保持はなんと瀬尾師匠です。師匠~ありがとうございますぅ!。高度3,000ftで離脱してクリアニングターンの後、スピンに入れます・・・・が、スピンに入りません。う~みゅ、CGが前すぎるんかな?とか言いながら「仕方無いからストールの訓練でもしようか?」と教官殿。何度かストールリカバリーを繰り返す内に教官が「そりゃっ!」とラダーを踏み込んだ時に、ちょろっとスピンに入り掛けたけど、入りきれませんでした(泣)。急旋回やスローフライトなどを一通り行って着陸~。

「もう一回飛ぶ?」
「はい、飛びたいです」
「ぢゃぁ、独りで飛んで来て」
「えっ?まだ独りで飛んだ事無いんですが・・・・」
「良いからファーストソロに行っておいで!」


う~みゅ、今回でまだグライダー9発目なんですけど・・・ファーストソロはまだまだ先だと思っていたので、急に緊張して来た~!

曳航パイロットは、ひらおかさん。翼端保持はo360さんと言う豪華メンバーによるファースト・ソロです。結果はまぁ~普通に飛んで普通に降りたんですけど、やっぱりファースト・ソロは緊張するもんですね!。
って、訳で無事にファーストソロに出る事が出来ました。
主任教官殿をはじめ教官の皆様、曳航パイロットの皆様、ギャラリーの皆様、ありがとうございました。ふぅ~今日は疲れました~

 しかしながら、クラブハウスでは「沈下音頭」「フマキ○ーを噴霧してやれぇ」とか罵声が飛んでいたとの噂です(爆)

夜は龍ヶ崎の居酒屋で楽しい宴が開催されましたが、たまたま居合わせた、「お隣の使用事業会社」のS社長から美酒のお祝いを頂きました。ありがとうございました。>Sさま
 

| | コメント (4)

2008年1月17日 (木)

初雪

2008年1月17日(木)
RJAA 162200Z 36012KT 6000 -SN BR FEW004 BKN040 M00/M02 Q1021 NOSIG 

Img_0004s
今朝、目が覚めると外は銀世界でした。日付が変わる頃から日の出頃まで降雪があったようです。さて、降雪があると成田線の運行状況が心配ですが、案の定止まっていました。仕方がないので自宅待機していると「白い172」飛んできました。
誰だろう?。ところで週末のグライダー運航は大丈夫でしょうか?

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

筑波山とタンデムファルケとグライダー訓練

2008年1月14日(月)編集中
RJAA 140300Z VRB03KT 9999 FEW030 BKN060 04/M08 Q1023 BECMG 36005KT 

Img_0003_2

まずはG109Bで筑波山方面へJOYフライトに行き・・・

Img_0009_2
無線検査のタンデムファルケに同乗して空撮をし・・・・

Photo_2
空撮中のJA09AWをアニメーションGIFに編集~

| | コメント (2)

2008年1月13日 (日)

横風上等と新年会

2008年1月13日(日)
RJAA 130701Z 32019G29KT 9999 FEW030 SCT170 BKN/// 05/M10 Q1015 RMK 1CU030 3AC170 A2999
RJAA 130700Z 32020KT 9999 FEW030 SCT170 BKN/// 05/M10 Q1015 WS RWY34L TEMPO 32018G30KT

Photo
横風上等~っ!      撮影「o360教官候補生殿」

 三連休の中日の今日は強風の予報が出ているにも関わらずクラブハウスは数人の廃人が集まっていました。しかも真横から30KTも吹いてます(だって昨日は雨で飛べなかったんだもん)夕方近くになって風向が西よりなったので、これは行けそうだとモグラの係留を解きます。ライセンシーのK本さんもモグラの係留を解きモグラ2機の準備完了。K本さんは遠○教官と飛ぶみたいです。う~みゅ、私も誰かセーフティーがほしいなぁ~と「o360教官候補生殿」を拉致してRWY25をタクシーダウン~風は左後方から強烈に吹いています。操縦桿は右前に倒します。風見鳥効果で機首が風上に向こうとしますが、風下ラダー+ブレーキで直進を維持します。タクシーダウンだけでも良い練習になります。K本さんと遠○教官のJA2429が先に離陸します。結構ゆれますね~(怖)
 ターンパッドでエンジンランナップをして滑走路に入り、正対します。クラブハウスでは瀬尾さんやクラブ員の皆が見ています。吹流しを見て風を確かめますが、また真横を向いています。風が弱くなるタイミングを計って離陸滑走を開始しよう。右席ではo360さんがビデオ撮影を開始しています。う~みゅ、これは「決定的瞬間」を撮られないように気をつけよう・・・・エルロンは当然風上側にフルにきっておきます。足はいつでもブレーキを踏めるようにして、慎重にタイミングを測って・・・「今だぁ~!」と、スロットルをいれ機体が走り出すと機首は風上を向こうとします。左ラダー一杯!・・・それでもつつつぅ~と機首が右に振ります。左ブレーキを「ちょんちょん」と踏み込んで修正しますが、修正が効きません、更に左ブレーキを目一杯踏んでタイヤがロックして「キキィー」と鳴りますがそれでも修正不能・・・このままだと滑走路を逸脱するのでスロットルをアイドルにして「アボート・テイクオフ」・・・舗装滑走路を逸脱して機体は停止しました。右席のo360さんは粛々とビデオ撮影を続行・・・「決定的瞬間」を撮影されてしまいました(恥)
  滑走路に再びアラインして離陸しようと考えましたが、機体を壊すといけないので右席を主任教官殿に代わって頂く事にします。タクシーバックをしながらフライトサービスに右席交代のお願いをすると「Yさん、51番テーブルご指名でぇ~す(はあと)」・・・(爆笑) 結局、主任教官殿に同乗して頂き、横風強風でのタッチアンドゴーを3回して本日のフライトは終了しました。o360さんもご自身のブログで書かれていますが、たまには教官同乗で訓練するのはとっても良い事だと思いました。・・・んで、今日のフライトで感じた事は「飛行規程」「横風限界」とか「実証された横風成分」ってのは意味があるって事です!
  さて、日が暮れる頃にクラブ員や一部の職員の方々は成田市の某居酒屋に移動を開始しました。今日は「整備のo曽根さんの奥様、F子さんの誕生会」と題した事実上の新年会です(笑)総勢16名が集い、忘年会同様に座席の無い人は床に座って飲んでいるありさまです。しかしすさまじい有様ですね!。私はクラブ員のIさんが酔うと「変身」するとの噂を期待してビデオカメラをスタンバッていましたが、「用心」したIさんはあまりお酒を飲まず、変身した所を撮影できず大変残念でした。・・・・噂によると、酔うと「カップル」に「絡む」みたいです(爆)

Photo

| | コメント (1)

2008年1月 6日 (日)

日光とグライダー練習

1月6日(日)
 今日は朝一番に主任教官殿に同乗して頂き、G109Bで高高度飛行時の操作手順の復習とエンジンの調子を調べる予定だったので8時30分頃に飛行場に着くようにした。とは言うものの自宅から飛行場までは川を渡った反対側なのでものの15分で到着するんですが・・・・(笑)。到着後、機体を準備しようと近寄ると、朝日にあたってキラキラと輝く結晶体が機体全体を覆っていた。う~みゅ、霜が降りて機体はカチコチに凍っている(泣)。先輩クラブ員のT橋さんもG109Bの機体準備をしていますが、お互いに機体をあっちに向けたりこっちに向けたりして陽に当てて霜を溶かします。機体が乾いてきたのでエンジンの暖気運転をしますが、プロペラの手回しを十二分に行ったため昨日のセスナと違いすんなりとエンジンは始動しました。
 暖気運転を終えてクラブハウスに戻ると主任教官が「ごめん、H坊が遅れてくるから人手が足りない。手順は教えるから適当に飛んできて!エンジンの調子はビデオ撮影してきてね」との事。確かに今日は天気が良いので朝からクラブ員が大勢きているし教官が不足するのは予期できるので手順を教えてもらって飛ぶ事にしました。丁度、運良くソルジャーがバイクに乗ってやってきたので早速拉致しました。(笑)
 最初は高高度に上がるだけだからプランを入れずに大利根の周辺とへろへろと旋回上昇を続けようと思いましたが、「せっかくだから北の方へ行ってくれば!」と言う主任教官のお言葉に甘えて日光方面に出かける事にします。ソルジャーにプランを入れてもらって出発準備完了。搭載燃料は50リットルなので3時間は飛べます。
 さっそく大利根を離陸して日光を目指します。トラフィックパターンを離脱してプロペラピッチをクルーズにした後は教えられた手順どおり、5,000FTまではフルスロットルで対気速度は140km/hで飛びます。(今回はエンジンの調子を確かめる為にフルスロットルですが通常はエンジンをいたわって飛びます)。5,000ft以上に達したら速度を130km/hとして更に上昇を続けます。操縦をソルジャーに任せて私はビデオカメラで速度計、高度計、エンジン回転計、シリンダ温度計、油温計などを撮影します。高度6,000以上では正対風が強くなってGPSの示す対地速度は35KTになっています。念のため宇都宮レーダーを呼び出しますが今日はお休みみたいです。更に高度を上げて10,000ftまで上昇しましたが宇都宮基地上位では景色がいつまでも変わらず、ホバリング状態でした。せっかくここまで来たのだからと男体山を目指しますが上空は相当な乱流が予想されるのと10,200ftまで上昇して目的を達成したのでUターンして大利根に戻りますが、緩降下しながら南東に機首を向けたらDMEの示す対地速度は140KTを超えました(吃驚)。途中、筑波山を見下ろしながら大利根に帰着します。飛行時間は1時間45分でした。高高度飛行の経験が少ないソルジャーはとても喜んでいました。
 クラブハウスでは毎年恒例のお雑煮が振舞われていました。さて、次はグライダーの操縦練習です。今日のRWY25です。したがってグライダーピストはクラブハウスから遠れています。モーターグライダーや飛行機に乗っている時は感じなかったのですが、クラブハウスから離れてちょっと寂しい感じです(泣)。この日の大利根は条件が良かったらしく多くのグライダーが滞空していました。また練習機に乗るクラブ員も多かったので私の練習は2発でしたが、結果は昨日よりへろへろでした。でも、グライダーは楽しいなぁ~♪

Photo
日光に向かうも・・・・

Photo_2
GPS高度。10,000ft達成?

Photo_3
GPS対地速度。往路は35KT、復路は135KT!

Img_0001s
この時期の大利根飛行場では霜が降ります。

Img_0004s
翼に降りた霜・・・・きれいですね(怖)

Img_0009s
今日のテストパイロット?はソルジャーです。

Img_0008s
高度は10140FT。スコーク1400!

Img_0015s
男体山や中禅寺湖が見えますが、向い風が強くまったく前進しません(泣)

Img_0016s
鹿沼市上空でUターンして降下しながら帰ります。DMEの表示は140KT!

Img_0017s
宇都宮付近から筑波山を眺めます。

Img_0023s
あっと、言う間に筑波山まで帰ってきました。

Img_0026s
常磐自動車道と圏央道の交わる、つくばJCT

Img_0029s
グライダーの曳航待ち風景

Img_0030s
曳航機と飛行機2機が着陸機(グライダー)を待ってます。大渋滞~!

| | コメント (2)

2008年1月 5日 (土)

グライダーの操縦練習開始!

2008年1月5日(土)
実はJMGC営業開始の1月3日にグライダーの操縦練習コースに入学?しました。一緒に入学したのは先輩クラブ員のS藤さん(モグラ・ライセンシー)です。ところが、入学した日はタブとモグラで名古屋空港に遊びに行ってしまったので今日がはじめてのグライダー練習日となりました。
 あれ?今日は飛行機の操縦練習日だった!。う~ん、両方やっちゃえ!・・・とJMGCならではの贅沢?な環境です。(笑)
 丁度、飛行機のY田教官と練習生のT部さんも来たので飛行機の練習から始める事にしました。さっそく、セスナ172Hの係留を解いたり燃料を補給したり飛行前点検をしたり、楽しく作業を続けます。T辺さんと二人で暖気運転をしようとエンジンを始動させますが冷え切ったエンジンは容易には始動してくれません。プライマーが多すぎるのか少なすぎるのかわからず、しばらくセルを回しますが爆発音が少しするだけで始動失敗。少し間を置いてから再度試みますが、なかなか始動しません(泣)。見かねた、ひらおかさんがアドバイスをしてくれてやっとエンジンが始動しました。G109Bのエンジン始動は慣れて来たけど、セスナはまだまだ経験不足ですね。

 飛行機の訓練はT辺さんが最初に行い、私は後席で見学させていただきます。おかげで大利根飛行場周辺の空撮が楽しめました(まじめに見学しろって)。ところが、この機体の暖房が調子わるくしばらくすると後席は冷蔵庫状態です。寒い~よぉ(泣)。1時間ほどで練習を終えて地上に戻るとクラブハウスのストーブに直行させていただきました。
 クラブハウスで暖をとっていたら飛行機練習生のマッ●イさんが来たので飛行機の練習の順番を譲って、私はグライダーの練習をする事にします。

 外部点検から始まって、ハンドリング方法やその他の説明を受けて初めてのグライダー練習です。飛行機曳航は地上滑走が怖かったですが、空中での操作はなんとなく編隊飛行みたいで親しみがありました(笑)。離脱後のエアワークでは「毛糸」が初体験でした(?)微妙なすべり感知してしまう「毛糸」さまに驚愕(爆)。う~ん、難しいぞぉ!グライダー

この日は2本飛んで終わりです。久しぶりに緊張しました。さて、どうなる事やら~

明日も頑張ろう~! 

080105_11
はじめてのグライダー操縦練習。緊張してます(笑)。撮影:ひらおかさん

080105_9
はじめての練習を終わった、けいぶん。へろへろです。後席は主任教官殿。撮影:ひらおかさん

Img_0031s
グライダーの練習風景。前席はS藤さん

Img_0004s
セスナの後席から印旛沼北部調整池を撮影。

Img_0003s
印旛沼西部調整池の北側から佐倉方面を撮影。

Img_0010s
北総鉄道北総線の終着「印旛日本医大」。

Img_0018s
印旛日本医大駅から更に印旛沼の東を成田空港へ向けて延伸工事中です。2010年4月に成田空港乗り入れだそうです。

Img_0016s
北総自動車学校。北総線は自動車学校のすぐ北側を通る予定です。

Img_0020s
利根川(写真左)と 将監川(写真右)、長門川(写真上)に囲まれた、千葉県印旛郡栄町の布鎌地区。

Img_0025s
大利根飛行場上空。

Img_0027s
栄町立布鎌小学校。昔は分校もありました。

Img_0030s
栄町矢向地区のスーパー堤防。工業地帯になっています。

Img_0024s
栄町安食台

| | コメント (1)

2008年1月 4日 (金)

飛びはじめ♪

今年の飛びはじめは1月3日から1泊2日で名古屋空港までクラブのG109Bをお借りして飛んできました。同行者はタブパパ氏です。

Photo_2
全航程のGPS航跡

1月3日
大利根飛行場~名古屋空港
G109B
JA2351
飛行時間:2時間55分

Photo
GPS高度

1月3日は天気も良く大利根を13時25分に離陸して新宿~座間~大山~箱根~三島~清水~静岡空港建設地~(タブパパ実家)~浜松~岡崎~名古屋空港のルートで飛びました。途中、箱根、安倍川、静岡空港、タブパパ実家で空撮の為「グルグル」しましたが、迎え風を考慮して1500~2000ftと地べたをはって行ったのが成功して名古屋到着は16時20分でした。、我々より早く出発したお隣の使用事業のセスナより早く名古屋に到着しました。セスナの某S教官は「速いねどうやって来たの?」とちょっとびっくりしてました。
一昨年の松山ミニ合宿の時は4機で大利根~名古屋を競ってビリだったけど、ちょっとは経験値が上がったかな? タブパパの実家には「大漁旗」が揚がっていました(笑)
 なお、浜松TCAは休みだし、TCAエリアの下限は2000ftだから1300ftで飛んでいるしワッチだけして行こうとおもったら「浜松基地の東28NM、高度1300ftで西進中の航空機、聞いていましたら浜松レーダー120.1MHzで交信して下さい」と言われました。う~ん、さすが航空自衛隊! もちろん、コンタクトしてインテンションを伝えるととても親切に対応してくれました♪
名古屋到着後、宿泊は小牧市内の「キャッスルイン小牧」と言うホテルに泊まりました。温泉と居酒屋が着いていて便利です。


Img_0001s
大利根離陸前のタブパパ

Img_0002s
往路はタブパパが機長

Img_0004s
大利根飛行場RWY25で離陸

Img_0006s
関東平野は良い天気です。

Img_0014s
都心上空

Img_0028s
箱根を越えて三島上空からの富士山

Img_0030s
富士川河口と滑空場

Img_0035s
久能山

Img_0046s
静岡空港建設現場

Img_0049s
天竜川

Img_0062s
豊田市

Img_0066s
もうすぐ名古屋空港~

Img_0076s
名古屋空港RWY34

Img_0077s
小牧市内のホテルで夕飯~♪

1月4日
名古屋空港~大利根飛行場
G109B
JA2351
所要:2時間30分

Photo_2
GPS高度

 翌日は早朝に霙交じりの降雨があり心配でしたが9時過ぎには青空が広がります。WXを調べると関が原で発生した雨雲が断続的に名古屋から浜松に流れていく様です。分布予報では御岳~松本盆地方面は日照が予想されているので帰りのルートは山好きな2人は御岳~乗鞍岳~軽井沢としたいところですが北岳越えの大利根直行コースにします。
 プランを入れ、エプロンで機体の準備をします。雨が降って機体がぬれていたので念入りに水分をふき取ります。高高度飛行を予定しているので動翼は念入りにふき取ります。スポイラーも出して水分をふき取ったり機体を乾かしますが・・・・

 名古屋空港の管制は航空自衛隊が行っています。フライトプランはセントレアの情報官に電話で入れましたがプランが名古屋空港の管制官に伝わるには若干のディレーがあります。以前、名古屋でプランを入れてすぐに離陸しようとしたら「フライトプランはファイルされていません」とグランドに言われました(泣)

 機体に日を当て十分に乾かしたので10時01分にRWY34で離陸、北岳方面は雲があったのでHDG045で北東進します。名古屋の管制圏を離脱してセントレアTCAとコンタクト。順調に高度を上げて9,500ftで巡航します。御岳山~乗鞍岳は雪雲がかかっています。

 飯田市付近は雲海に覆われて地表は見えませんが前方には立派な南アルプスが立ちはだかっています。この付近でセントレアTCAから東京コントロールに引き継がれます。スコークはそのままでした。
「東京コントロール、JA2351、9500FT」
「JA2351、東京コントロール、らぢゃっ!」・・・う~ん、IFRみたいだ!(笑)

 北岳や塩見岳が見えてきたのでヘディングを東に向けます。巡航で安定して来たのでトリムをとろうとしたらレバーが動きません。う~みゅ、凍結したかな?念の為、動翼は高度を変える度に動かして凍結していないか確かめましたがトリムは盲点でした。ちょっと不便ですが、このまま飛行をします。う~ん、八丈島から霊気(冷気)が来ているのでしょうか?(笑)

 外気温度は氷点下15度でキャノピーの内側は吐いた息が凍り付いてきました。塩見岳付近で旋回しながらリッジで高度を稼ぎます。富士山も遠くに見えてとってもダイナミックなフライトを楽しみながら、南北に行ったり来たり・・・・(楽)しばらく遊んだので荒川岳方面に山脈を飛び越えます。高度を落とそうとスロットルを絞るとエンジンが冷えすぎるのでスポイラーを出して降下しようとしたらロックは外れるけど凍結してスポイラーが出ません。まぁ~地表近くまで降りれば溶けるでしょ!っと、思いながらも大利根フライトサービスを呼び出して
「JA2351南アルプス上空11,500ft。えぇ~凍結でスポイラーが出ません!」
と報告したら、
「地上は10℃だよ!」
と冷たい返事がありました。どうやら「11,500ft」が言いたくてフライトサービスを呼び出したのがバレているみたいです(笑)

 甲府からは関東平野や房総半島も良く見えます。大月上空で横田APPに引き継がれ横田基地や立川基地を眺めながら中野上空で更に東京TCAに引き継がれ、今日は経路上問題になるIFRトラフィックが無いので新宿付近からダラダラと降下を開始します。下総の管制圏の東端を3,700ftでかわして更に2,000ftまで降下。そろそろスポイラーの氷は解けたかな?とスポイラーを開きますが・・・・・でませんねぇ~!。これはノースポイラー・ランディングをしないといけないかな?ちょっと焦ってきました♪。だって、過去に練習したけど、超~難しいんだもん!

「大利根フライトサービス、JA2351。栄橋上空2,000ftですがスポイラーがまだ出ません!」
「2351、フライトサービスです。スポイラーのロックを解除して速度は115km/hまで落としてその辺を飛んでなさい!」
おっ!主任教官殿の声です。言われるままにスポイラーのロックを解除してへろへろと飛んでいたら「どばっと」スポイラーが開きました。さすが主任教官殿、的確なアドバイスです。ノーマル運航になったのでトラフィックパターンを回ってRWY25に降りました。

 名古屋空港からの所要時間は2時間30分と南アルプスで遊んだ割には早く帰れました。今回は離陸前の降雨で機体がぬれてスポイラーやエレベータトリムに入り込んだ水分が上空で凍結すると言う、ちょっと「怖い」経験をしました。今回は厳寒期の高高度飛行だったので離陸前には燃料の水抜き、主翼や胴体、動翼、スポイラー、プロペラに付着した水分のふき取りは念入りにしたつもりでしたが、まだまだ甘かったです。それから、スポイラーの凍結は高度を低くして外気温度が上がればすぐに氷が解けると思っていたのですが、風が当たらない場所の凍結はすぐには解凍しない事もわかりました。

いやぁ~毎回、良い経験をさせてもらっています。

Img_0002s_2
名古屋の朝は霙まじりの雨(泣)

Img_0003s
出発準備中のタブパパ

Img_0004s_2
朝の雨はあがり良い天気!

Img_0010s
名古屋空港をRWY34で離陸して御嶽山方面へ・・・風は無風

Img_0011s
御岳山は雲が被っていたので飯田方面へ・・・

Img_0026s
南アルプス越えを目指します。

Img_0035s_2
遠くには富士山も良く見えます。

Img_0041s
寒そうです(笑)

Img_0058s
11,500FTで南アルプスを越えます。

Img_0062s_2
高度計は11,100FTを示しています。

Img_0075s
キャノピーの内側は息が凍り付いて「雪印」です(笑)

Img_0078s
9,500から眺めた横田基地

Img_0081s
立川基地

Img_0082s
東京西部

Img_0085s
多摩川

Img_0088s

| | コメント (10)

2008年1月 1日 (火)

2008年元旦

001_2
2008年元旦
皆さん、あけましておめでとうございます。今年も航空廃人業務に精を出し楽しく安全に飛びましょう(笑)


皆様はどんなふうに新年を迎えたのでしょうか?私は伊豆地方の某所で年越しをしていましたが、H岡さんのお誘いをうけて元旦から「航空廃人業務」を行って参りました。都内までの移動は「あさぎり2号」で新宿まで行き京王線で、駅から飛行場はタクシーで移動しました。

002_2
小田急線直通「あさぎり2号」

都内飛行場ではH岡さんが機体を準備してくれていて、到着したらすぐに離陸となりました。背風気味のRWY35を離陸すると悪名高き「煙突」が我々の前に立ちふさがります。(笑)

003rwy35_2
RJTF RWY35

004_2
悪名高い煙突!

元旦の関東平野はとっても視程が良くて東京湾は湖のように輝いています。陸自の朝霞駐屯地、さいたま新都心、大宮公園、さきたま古墳、大西飛行場(館林飛行飛行場)跡地、渡良瀬川遊水地、八俣送信所、筑波サーキット、石毛のお城を経て大利根飛行場に着陸しました。

005_2
大宮公園氷川神社(氷川神社は初詣客で賑わっています)

006_2
妻沼付近から利根川下流(利根川沿いの滑空場ではどこも御休みなんでしょうかグライダーは1機もみかけませんでした)

大利根飛行場では飛行場で年を越したY主任教官殿とクラブ員のT部さんが迎えてくれ、煮込みうどんを頂きました。大利根でまったりと過ごしていたら雲が多くなって尾流雲が見えて来たのでH岡さんは急いで都内に戻る事になりました。私は車を安食駅に置いてあったのでトラフィックパターン内にお住みのT田さんに安食駅まで送ってもらいました。

今年は(も)元旦から「飛行はじめ」が出来てとっても嬉しかったです。H岡さんありがとうございました。

自分自身のフライトは1月3日~4日にクラブのグローブをお借りしてタブ氏と名古屋方面に行ってきます。さて、どうなることやら・・・・

| | コメント (3)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »