« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

単座デビューと花見

Img_6724s
JMGCに新たに加わった単座グライダー Ka8で単座デビューしました(嬉)  撮影:ひらおかさん。

昨日からJMGCのフリートに新たに加わったKa8に乗りました。単座は初めてなのでまずASK13でSWD教官の単座チェックをして頂きます。無事?OKが出たのでワクワクしながらKa8に乗り込みますが、ひらおかさんやSWD教官のアドバイスとおりに操縦席に収まって暫く慣熟をします。違和感が無くなって来た頃、ひらおかさんの操縦するハスキーで曳航され出発!。1発目は慣熟したいので左右に旋回したりしてフワフワ感を楽しみます。15分程度で着陸して、2発目は飛行場上空で+0.5~+1の気流を見つけて少しだけどソアリング気分を味わいます。東の風が上空では思いのほか強く、Ka8はまったく風上に進みません。怖いのでダウンウィンドを通常より100ft高め、ターニング・ベースも近め、パスは超~高めにしたらクラブハウスの主任教官から着陸後に指導を受けてしまいました。この時の主任教官の説明は判り易くこれまで自分が誤解していた点もスッキリしてとても良かったです。練習生がへろへろ飛んでいてもちゃんと地上から見ていてくれているんですね~

さて、Ka8を順番待ちをしているライセンシーのA尾氏に渡して、私はモグラ練習生のガスターI川を右席に乗せてG109Bで飛行場を離陸して近くの小林牧場の桜を見物に行きました。小林牧場はまだ満開ではありませんが花見客でとても賑やかです。小林牧場の桜を空撮した後はA尾氏のKa8を空撮しますが、あまり接近せずに遠くから様子を伺いながら撮影~

モグラを降りた後は、3発目のKa8の飛行を楽しみ、今日のフライトはおしまいです。

Img_0004s_2
小林牧場の桜

Img_0006s
まだ満開ではないけど沢山の人で賑わっています。

| | コメント (2)

2008年3月29日 (土)

モグラとヘリと花見

3月29日(土)

Img_0004s
う~ん、今日はグライダーの条件が良さそうだ!

今日は予定が一杯です(笑)
まずは、知り合いが「下総基地のウォーキング」に参加しているのでモグラで上空から冷やかしに行きます。(爆) フライトプランを入れてからクラブ員の練習生を右席に乗せてRWY25で離陸。東京インフォメーションにプランオープンをお願いしてから下総TWRにコンタクト、クロスコントロールゾーンの許可をもらいます。下総基地の航空機は飛行していないので高度は1,500FTをリクエストします。当日、ウォーキングに参加した人は150名程度との事で上空からはどれが参加者なのか判りませんでした(残)。下総基地の後は市川から幕張を経由してメンテの為、停波中の佐倉VORの様子を見て大利根に帰ります。大利根飛行場は近隣住民の方から騒音苦情が出てしまい運用には気を使います。トラフィックが他に居なかったので騒音苦情地域を避けるために背風だけどRWY07に降りる旨、フライトサービスから要請があったので地上の風を観察しながら慎重にアプローチします。ベースでもRWY07に対して背風である事が確認できたのでパスは低め、速度は115km/hをカッチリ維持して進入しますが、着陸時は5KT以上の背風となり接地が伸びました。・・・・でも、接地点はゴーアランドの目安としている滑走路中央標識より手前だったのでそのままフルストップしました。

Img_0005s
下総基地の南に位置する中山競馬場

Img_0007s
定期メンテ中で停波中の佐倉VOR

さて、次は、ひらおかさんがつくばヘリポートからヘリを飛ばすと言うので同乗させて頂く事に予定だったので早めの昼食を取って大急ぎでつくばヘリポートに向かいます。天気の良い土曜日とあって道路がとても混んでいます。特に国道6号線と交差す道路は大渋滞。結局、大利根からつくばヘリポートまで2時間もかかってしまいました。
 既に、ひらおかさんは出発準備を完了していて、さっそく機体に乗り込みます。前回、乗せてもらったR44より一回り小さいR22です。エンジンスタートやクラッチ操作など、このヘリ特有の操作を興味深く拝見させていただきました。ランナップを終えてスポットから滑走路と言うかヘリパッドというか、離陸場所にホバータクシーで移動するのですが、機体を持ち上げるときに左に大きく傾いて機長はびっくりしていました。(左席が重いからだぁ!)
 RWY16から離陸するのですが、目の前に見えるのは34と言う数字が上下さかさまに見えます。そうです、まるで滑走路端から逆を向いて離陸するみたいです。固定翼なら目の前に滑走路が延びているハズなのに不思議な気分(笑) 離陸するとすぐ、足元から滑走路は消えてヘリポートの境界線です。意外と障害物が多くちょっと緊張~!つくばエクスプレスを辿りながら都心に向かいます。視界はとても良好で、特に足元から真下が見えるのは新鮮ですね!。更に南進して小菅方面から都心に新入します。都内の花見を取材するヘリや警視庁のヘリが居て見張りにとても気を使います。でも上空から見る桜は格別ですねぇ~(笑)
上野公園や新宿御苑はブルーシートが広げられとても楽しそうな雰囲気が上空にも伝わってきますが、まるで「人がゴミのようだ!」とか言いたくなります(爆)
都心遊覧をした後は布施ヘリポートや守谷ULP飛行場を見物して、ヘリポートに戻ります。途中、ひらおか機長に対気速度を落として地上に対して静止寸前~ってのをデモしてもらいました。つくばヘリポートにはRWY34で着陸。ひぇ~滑走路が短い・・・って言うか、滑走路が無い!って感じで固定翼とは異なるヘリの着陸を体験しました(笑)
ひらおか機長さま、今回も貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。 

Img_0008s

今日乗せて頂いたロビンソンR-22 2人乗りです

Img_0010s
右席左席の操縦装置はすべて外されていますので足元は広々~!

Img_0013s
グライダーから双発ターボプロップにヘリまでこなす、ひらおか機長

Img_0018s
守谷のULP飛行場

Img_0019s
三郷公園

Img_0021s
小菅上空

Img_0022s
隅田川には花見の屋形船

| | コメント (3)

2008年3月28日 (金)

FSHOST再開!

お待たせ致しました!
FSHOSTを再開しました。
アドレスは下記のとおりです。

jm1dvi.mydns.jp

音声チャットはTS2サーバーが同じアドレスで開局しています。どうぞお使い下さい。

TS2の詳しい使用方法はhttp://www.goteamspeak.com/でどうぞ!
日本語の説明は検索エンジン等でお調べ下さい。

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

奥尻ツアー(2)

奥尻ツアー2日目
Img_0001s_2
青森空港で飛行前点検をする、ひらおか機長

青森では東横INに宿泊した。このホテルは去年の夏に津軽海峡ツアーで8泊もしたのでとても懐かしかった。もちろん夜は近くの居酒屋で「ホタテ」つくしでした。本日の飛行ルートは青森から三沢~宮古~花巻。花巻で昼食をとって仙台~那須~常総~都内飛行場。

Img_0009s
青森空港RWY06で離陸。モグラで行く時はいつもインターセクションデパーチャーなのでフルレングスは初めて!

Img_0013s
雪かきした跡の雪山?

Img_0017s
RWY06で離陸

Img_0019s_2
右席からは八甲田山や酸ヶ湯、十和田湖が見えました。

Img_0024s
三沢空港

Img_0031s
八戸基地

Img_0032s
八戸駅と青森新幹線

Img_0040s
宮古のリアス式海岸

Img_0044s
早池峰山

Img_0051s_2
花巻空港RWY20にILSでアプローチ中

Img_0052s_2
除雪機が沢山

Img_0054s_2
花巻空港では遊覧飛行も実施されています

Img_0055s
岩手県のTKZW村から花巻空港まで遊びに来てくれたキャンピングカー仲間の小麦さん

Img_0056s_2
同じくキャンピングカー仲間の謎のSさん

Img_0057s
CRJを花巻空港ターミナルを撮影中の、ひらおか機長

Img_0058s
CRJ

Img_0059s_2
小麦さんと謎のSさんが送迎デッキで見送ってくれます。

Photo
拡大すると・・・・・(笑)

Img_0060s_2
栗駒山

Img_0061s
オニコウベスキー場?

Img_0063s
帰りはFL140

Img_0065s
仙台港~塩竈港~松島

Img_0068s_2
ひらおか機長

Img_0071s

Img_0072s

Img_0076s
福島空港

Img_0079s

| | コメント (2)

2008年3月22日 (土)

奥尻ツアー(1)

奥尻ツアー1日目
Img_0001s
今回、同乗させて頂いたPA46-350パイパー・マリブ

 今週末はグライダーの練習をさぼって、ひらおかさんの奥尻ツアーに同乗させて頂きました。予報によると奥尻島の最高気温は10℃を超えるそうです。3月中旬に飛行機で北海道に行けるなんて滅多に無い機会です。
 都内飛行場を10時過ぎに離陸してVFRで常総VORまで飛び、常総VORからIFRで秋田空港まで行きます。巡航高度はFL150でした。



Img_0006s
巡航高度はFL150

Img_0007s
山形県の山は雪景色。蔵王もスキー場が良く見えました。

Img_0015s
鳥海山も雪景色です。

Img_0019s
秋田空港には一時、大利根飛行場に置かれていたC172の原型機がいました。

Img_0030s
八甲田山

Img_0033s
津軽海峡ツアーが懐かしい青森市街上空

Img_0038s
一部の人には懐かしい大湊方面happy01

Img_0039s
下北半島の「かわうち湖」

Img_0041s
函館空港と五稜郭

Img_0046s
駒ケ岳と噴火湾、対岸には羊蹄山も見えます

Img_0048s
奥尻空港に着陸。

Img_0049s
近代的な奥尻空港ターミナル

Img_0051s
奥尻空港入り口

Img_0052s
奥尻VOR/DME

Img_0054s
奥尻島観光マップ

Img_0056s
奥尻空港のエプロンに駐機するマリブ

Img_0059s
奥尻空港RWY31で離陸

Img_0060s
離陸直後、奥尻島西部の神威岩方面

Img_0064s
渡島大島が良く見えます。津軽海峡ツアーの時はモヤで大変でした。

Img_0067s
函館山

Img_0066s
函館空港

Img_0068s
松前半島と渡島小島

Img_0069s
津軽半島の竜飛崎(竜飛岬)

Img_0077s
東日本フェリーの青函航路

Img_0078s
青森県の浅虫温泉

| | コメント (2)

2008年3月20日 (木)

今日もガスター

3月20日(木)
Img_0004s
大利根飛行場RWY07・・風雨強く人もタヌキもいません!


今日はJMGCの新人「ガスター氏」が南の島に流されている大先輩の「南の妖気さま」の北上を阻止した模様(爆)。飛び石連休の初日なのに飛行場は誰も居なくて寂しいです。


一方、クラブのMLではこんな記事が流れていました・・・・
sunmail
日本国内にあるJMGCと呼ばれる治外法権エリアで人間に似た
「タヌキ」がグライダーの実地試験を受ける事になったらしい?!
という噂が昨今流れている。信頼できる情報筋によると既にMG
と呼ばれるタイプの航空機の操縦士ライセンスは既に取得している
との事で4月に申請が行われ5月には実地試験を受けるとの事。
今から関係筋は、次回はどの様に「化かすのか?」と俄かに話題に
なっているらしい。

cancermail

う~みゅ、大利根飛行場にはタヌキが航空機を操縦するらしい???んで、私の実地試験っていつになるのだろう?・・・えっ?だから4月申請の5月受験だって?
タヌキって>俺?(爆)

Img_0001s

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

飛行経歴達成?

3月16日(日)
モグラの体験飛行の運転手で40分
昨日、飛行場で熱心にグライダーや飛行機の写真を取っている若者が居ました。グライダーの撤収時に操縦席に座らせてあげるととっても喜んでくれ、話を伺ったら某航空専門学校を卒業したらしい、体験飛行を希望されたので日曜日にモグラで飛ぶことになった。日曜日はクラブ員が大勢押し寄せてくるので早めに飛行場に来るようにアドバイスをしておいたが、日曜日は営業開始時刻前から訓練生が来ていました。・・・が、教官がまだ来ていなかったので訓練前の機体を借りて体験飛行に出かけます。ご自宅が常総VORの近所と言う事だったのでフライトプランを入れて出発。無事にご自宅を空撮した後は某専門学校の上空を経由して大利根に帰りますが雲上に出られそうだったのでオントップして体験飛行では滅多に出来ない「雲上」飛行を楽しんでもらいました。

グライダーのソロ4発

体験飛行を終えた後はグライダーの練習です。ひたすら単独飛行の回数を稼ぎます。必要経歴は「30回の単独飛行」です。飛行機のライセンシーは15回ですがモグラのライセンシーは何故か未経験者と同じ30回が必要なのです。本当になんでだろう??
今日4回の単独飛行を行ってメデタク30回の単独飛行を達成しました。これで実地試験を受験する事ができます・・・・が、もっと遊びたいよぉ~

Img_0001s
RWY25のグライダーピスト・・・春ですねぇ~♪

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

貸しきり?

3月15日(土)
今日は天気が良いのにモグラもグライダーも訓練生があまり来ません。特にグライダーの練習生は私1人だけなので貸しきり状態です。
そんな訳で先ずはS中教官にソロチェックをしてもらって単独飛行回数を稼ぎます。ソロで4発飛んだ後は、S中教官に同乗してもらって実地試験科目の練習を1回しました。結局、6発飛んで今日はおしまい。

| | コメント (0)

2008年3月13日 (木)

キャンピングカー故障

3月13日(木)
最近、キャンピングカーの調子が悪い。1996年12月の納車され今年で12年、走行距離は33万キロの私の愛車「カプリス」ですが流石に故障が続きます。主に冷却系統のトラブルですが、これは納車時から定期的に発生する発作の様なものです。具体的にはエンジンの冷却水をキャビンのボイラーや暖房に循環させている耐圧耐熱ホースが破裂します。その都度、ステンレス製のニップルで不良箇所を繋いで処置していましたが、今月に入って毎週破裂しています(泣)

今回はホースでなくエンジンの同軸に付いているポンプが逝かれたみたいで・・・・moneybagempty

あ~ぁ、そろそろ買い替えかなぁ?

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

晴れのちガスター!

3月9日(日)
羽田空港の予報はガスト38KT、成田空港の予報は8KT・・・・う~みゅ!
大利根の予報は????dash

昨日の屈辱?を晴らすべく本日に期待したが状況は良くありません。しかしながらグライダーの経歴を満たさなければならないので単独飛行回数を稼ぎます。1発目からソロで飛びましたが+5もあれば-5もありなかなか楽しく飛んでいたらフライトサービスからこんな無線が入りました。

「大利根オールステーション、フライトサービスです。ガスター石●がニッコリと微笑んだので風が強くなっています。現在230度から21KTです。注意して下さい」

なんて事だぁ!やっぱり奴は風神様なのかぁ~?

「JA2255、アプローチ速度は100km/hねっ!」おっと、主任教官殿からありがたいアドバイスです。大利根のRWYは25/07なので着陸は25で正対風です。ダウンウィンドは当然背風となって対地速度は速くなります。いつもの場所でターニングベースをしたのでは届かない!と思ってかなり近場でターンしますが・・・ベースレグは当然横風になり偏流修正をします。ターニングファイナルは「ちょっと近すぎるかな?」と思ったのもつかの間、進入速度はいつもより速めの100km/hしているのに滑走路に正対したら前に進みません(笑)しかもパスは思いっきり高いです(怖) まるで垂直降下しているみたいです。下方確認用に足元に窓がほしいと真面目に思いました(爆)

結局、ソロで2本飛んで本日はおしまい。

今日は大阪の八尾から自家用機でグライダーの訓練に来ているクラブ員の方もいらっしゃいました。

Img_0002s

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

58分とグライダー

3月8日(土)
今日はo利根飛行場気象版によるとグライダー・デーらしいsun
数日前からクラブのメーリングリストではこんな情報がやりとりされていました。

「8日(土曜)は850hpaに寒気(?3℃)が残り、当日の大利根最高気温は13℃と予報が出ています。これを元に、ソアリングコンディションを予想すると以下の条件となることが大いに期待されています。(ホントかな?)

トップ:7,000ft
ソアリング始動時間:11時ごろ / 3,000ft
平均上昇率:1.9m/s
想定可能なタスク:5時間滞空、50km、300km

9日は、寒気は抜けるものの850hpaで0℃、地上気温は15℃が予想されていますからこの日も期待できそうです。

トップ:6,000ft
ソアリング始動時間:11時ごろ / 3,000ft
平均上昇率:1.7m/s
想定可能なタスク:5時間滞空、50km、300km

これが夢に終わらず現実のものとなるよう祈っています。
予想が外れたら御免くだされ!」


う~みゅ、なんかすごい日になりそうな予感!
って訳で練習生の私ですら期待しちゃいます(笑)

結果、ASK13でソロで上がり、飛行場上空で1時間近く粘りました。2,000FTで離脱して最高4,500FTまで上がりましたが防寒装備無しでつらかったです。それに私は浮いているのが精一杯な練習生ですからとっても疲れました。結局、ダイブを開いて離脱後58分で着陸したところ、「なんで降りて来ちゃうんだよ!あと2分粘れば片銅だったのに!」「???片銅って何??」「・・・・」なんて会話がありました。銅賞って滞空2時間だと思っていたのですが、1時間×2回で良いなんてしりませんでした。(笑)。 あ~ぁ、悔しいなぁ(泣)

他のグライダー廃人(神)達は当然4時間以上も浮いています(笑)
とっても凄い土曜日でした。

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

ガスターとメイドと不倫?

今日は穏やかな予報です。
グライダーの訓練日よりなので、まず澤○教官のソロチェックを受けてからソロで3発飛びました。なかなか調子の良さそうな雲が出ていたのですがバッタで終わりですweep
他の訓練生が主任教官と飛んだ時は30分以上滞空しています。さすが主任教官~!
さて、クラブハウスの方に目をやると、今日もやってきましたガスター石●!これで今日も風が強くなったら決定的ですdash
グライダーの訓練の方は訓練生3人でまったりと過ごしていましたが、デュオディスカスターボがオーナーのご好意で体験搭乗できる事になって、みんなでこの超~高性能グライダーの体験をしました。でも、どれだけすごいかは訓練生では100%理解する事はできないですねweep

問題のガスター氏がモグラで訓練を始めた頃、少し風が強くなりましたが因果関係がはっきりしませんでした。きっと今日は調子が悪かったのでしょうhappy01

夕暮れ時のクラブハウスではこんな会話がありました。
ガスター石●さん、夕飯にでも行かない?」
「すみません、今日はPCが壊れてメールが出来ないのでアキバに部品を買いに行くので失礼します」
「えっ!メイドが出来なくて困って不倫を買いに行くだとぉ!この不届き者がぁ!」
「違いますよぉ。メールが出来ないから部品を買いに行くんですってば」
「本当か?怪しいぞぉ!」


happy01

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

某飛行場とガスター

当ブログは自家用機パイロットの日常を楽しく可笑しく紹介するものです。
著者に無断で複製、配布、転載する事は固くお断りいたします。(会議の資料としての配布もお断り致します)



Img_0014s
某飛行場のエプロン 伊豆諸島に向かうドルニエairplane

 

RJAA 010100Z 28006KT 230V330 CAVOK 12/M04 Q1002 NOSIG RMK A2961sun



RJAA 010430Z 32021KT 9999 FEW030 BKN/// 12/M02 Q1003 TEMPO 31020G32KT RMK 1CU030 A2962thunderraindash

 久しぶりに遊びに来たタブパパとどこかに飛んでいこうと予定していたが、今日はガストの予報が出ていたので近場でお茶を濁す事にした。そこそこ「飛んだ」と言う気分が味わえる某飛行場に行ってランチでもしようと言う事にになり機体を準備したり某飛行場のスポットを予約したり・・・気象を調べるとTAF-Sでは午後からガスト・・・でも、風は吹きそうに無い気配なんだけどなぁ?念の為に主任教官の意見を聞くと「今日は吹かない!」とキッパリと言われました。

 ひらおかさんは瀬尾師匠のミッションを頼まれて羽生に飛んで行く準備をしていますが、「午後は強風で帰って来れないかも」と心配そうです。フライトプランを入れて機体に向かうと駐車場に見慣れた車が現れました。「うわっ!今日は強風が吹くかもしれないね」「??」。ガスター石●氏が飛行場に現れました。これで今日、強風が吹いたら決定です(笑)

 大利根飛行場-某飛行場はタブパパが機長(PIC)です。RWY25を離陸して西に向かいます。春霞の影響で視程が悪いです。(泣) 巡航高度は2,000ftとして下総基地の管制圏を通過します。タブパパは下総TWRとの交信を楽しんでいます(笑)。下総の管制圏を抜けたら次は東京TCAとコンタクトしてTCAアドバイザリーを受け、上野~新宿と進みます。中野上空でTCAとサヨナラして某フライトサービスとコンタクト。ランディング・インフォメーションをもらいます。某飛行場はRWY17を使用中。井の頭公園上空でポジションレポートをしてRWY17のレフト・ダウンウィンドーに向かいます。某飛行場の名物だった煙突が無くなったのでちょっとベースターンはやりにくかったかな?。タブパパの操縦で無事に某飛行場に着陸。

 管理事務所に行き、飛行場使用届けを出そうとしたら・・・
 


 さっき歩いた経路を戻って某カフェに入ります。週末のお昼時はとっても混むのですが、この時間だとまだそんなに混んでいません。某クラブの教官にご挨拶をしてから席に着きランチをオーダーします。飛行機の離着陸を見ながら食べるランチはやはり良いですねぇ~(笑)
 食後の紅茶を飲みながら、さて帰り経路はどうしようかな?羽生上空を経由して瀬尾師匠達のミッションを上空から眺めてみようかと、ひらおかさんに携帯電話をしたら・・・
「今、某飛行場でランチしてました。これから羽生経由で大利根に帰ろうと思うんだけど・・・」
「えぇ~こっちは風が吹き出したし前線に伴う強いエコーが見えるから大急ぎで大利根に帰るところだよ!」
「え~うっそぉ~、こっちはまだ小春日和だよ!。なんかヤバそうなので我々も大利根に帰ります!」

携帯でレーダーエコーやMETARを調べます。確かに関東北西部には寒冷前線に伴うエコーが映っています。METARによると入間や横田では風が強くなっています。羽田や成田はまだ穏やか。急いで大利根に帰ろう~!

エコーの動きを予測して帰りのルートは下総の南を通って行こう。新宿-市川-船橋-印旛VOR。電話でプランを出してからエプロンに出ようと某カフェの職員にお願いしたら、なんと意外な言葉が・・・・

「すみませんが管理事務所の指導により部外者はここからエプロンに出れません。空港の外に出てから管理事務所を経由してください」
「えっ・・・(絶句)」


文句を言っても始まらないのでタブパパとすごすごと一般道路を歩いて飛行場管理事務所まで行く。天気が悪くなるから早く出発したいのになぁ~(怒)
ようやく管理事務所に着いて、クルーパスを見せ事情を説明すると
「そうだよ!某カフェは制限区域外だからねぇ、制限区域に入る時は必ず管理事務所を経由する様に指導していますから」
「・・・・・」


なんか解せないなぁ~だって、さっき某カフェに行って食事した後は、そのまま機体に行くからクルーパスは返却できないって申請書にもそう書いたのに・・・・まぁ~いいや。さっさと離陸しないと大利根に帰れなくなっちゃうから・・・・

管理事務所からトボトボと機体まで歩いて行くうちに北の空には暗雲が漂って来た・・・。帰り機長は自分が担当。機体に乗り込んで離陸準備をします。某フライトサービスにディパーチャーインフォメーションをもらいます。RWYは17風は正対で8KT。離陸して安全高度に達したのでレフトターンします。んんん・・・埼玉方面は寒冷前線に伴う暗雲と降雨が目視できます。
「こりゃヤバイなぁ~」
3NM東で某フライトサービスとサヨナラします。高度2,000ftに達した頃、いきなり機体が押し上げられます。「おぉぉ~!」って感じ・・・中野上空で東京TCAとコンタクトして船橋経由で大利根に向かう事を告げTCAサービスをリクエストします。新宿上空に達した頃は、ものすごい乱気流に遭遇して高度が維持できません。TCAのお姉さんが心配して巡航高度を尋ねてきます。
「JA2429、巡航高度は2,000ftでよろしいですか?」
「JA2429は乱気流で高度が維持できません。1500~2500ftで飛行しています」
「了解です。お気をつけください」

寒冷前線の前面に遭遇しら様です。埼玉方面は相変わらず真っ黒けです。時折稲妻thunderが見えます~(怖)。
北千住上空で下総基地方面はまだ明るい事がわかりましたので東京TCAにルート変更を告げて下総基地経由で大利根に帰ることにします。松戸上空まで来たら気流が落ち着いてきました。下総TWRと交信して管制圏通過の許可をもらいます。ここまでくれば一安心です。

下総の管制圏を抜け下総TWRの周波数を離れたので大利根フライトサービスをモニターするとグライダーやモグラ、飛行機がまだ元気に飛んでいます。「寒冷前線がくるぞぉ~」と無線でお知らせしてRWY25に無事に着陸。駐機場に機体を止めたらガスター石●氏と遠○教官がやって来ます。
「これから飛ぶの?」
「はい、せっかくだから練習しようかと思って」
「寒冷前線がすぐそこまで来ているよ、離陸準備をしているうちに風が強くなって飛べなくなると追うけど・・・って言うかやっぱり、ガスター石●さんが飛ぼうとすると強風になるぢゃん!」
「・・・・」

瀬尾師匠達も無事に帰ってきたみたいです。急いで機体を繋留していますね。
ガスター石●氏はあきらめきれず機体を準備しています。グライダーの訓練生、河○さんも、もう一発飛ぼうと教官とグライダーに乗り込んでいます。皆、元気です(笑)

私とタブパパはクラブハウスで都内飛行場での出来事を皆に話しながらマッタリとしていたら、なんだか外が騒がしくなってきました。寒冷前線の通過です。訓練で飛び上がったグライダーは寸でのところで無事に着陸。組み立て中だったディオ・ディスカスは風に煽られて大変そうです。クラブハウスにいた人も大急ぎで撤収の応援に行きます。やっぱりガスター石●氏は飛べませんでした・・・・って、言うかやっぱり彼が飛行場に来ると突風が吹くのは偶然では無いようです。

Img_0001s
大利根飛行場RWY25で離陸するとすぐに利根川を渡ります。

Img_0002s
利根川の千葉県側ではサッカーの試合でしょうか?駐車場にはたくさんの車。soccer

Img_0003s
下総基地の管制圏内にある手賀沼。かつて日本一汚い沼として有名になりました。今では少しずつ自然が戻って来ています。fish

Img_0004s
下総基地の上空を通過させて頂きます。happy01

Img_0008s
松戸市上空。

Img_0011s
小菅上空。

Img_0013s
某飛行場RWY17。ターニングベース

Img_0015s
北側の天気が気になる機長typhoonshock

Img_0018s
なんだかヤバクなってきた!rainthunder shock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "某飛行場とガスター"

| | コメント (4)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »