2008年北海道ツアー

2008年9月19日 (金)

北海道ツアー反省会(と言う名の飲み会)

2008091901
北海道ツアー反省会~beerbeerbeerm9(^Д^)

北海道ツアーからもう1ヶ月が過ぎましたが、台風typhoonが関東地方を直撃すると言うのに都内某所で反省会beerbeerbeerが行なわれました。更に、2次会で終電trainを無くした3人が帰宅難民になると言う楽しい反省会でした。

2008091902
北海道ツアーの成功を祝って~カンパーイbeer

2008091903
台風と共にガスター石川登場!

| | コメント (0)

2008年8月17日 (日)

2008年JMGC北海道ツアー 9日目&10日目

8月17日 ツアー9日目(フェリーバック)
RJSA 170000Z 03008KT 9999 FEW005 SCT010 BKN080 21/17 Q1008
RJSS 170300Z 26007KT 9999 -SHRA FEW005 SCT020 BKN040 22/19 Q1009
RJSK 170300Z 15005KT 100V230 9999 -SHRA FEW010 BKN020 BKN130 24/19 Q1008

RJSN 170600Z 16005KT 130V240 9999 FEW015 SCT034 BKN060 25/20 Q1009

----------------------------------------------------------------

8月18日 ツアー10日目(フェリーバック完了)
RJSN 180000Z 12005KT 070V160 9999 FEW010 25/18 Q1010
RJAF 180300Z 16013KT 9999 FEW040 BKN/// 29/15 Q1011
RJAA 180600Z 09006KT 050V150 9999 FEW020 SCT060 BKN/// 26/20 Q1009 NOSIG

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

2008年JMGC北海道ツアー 8日目

 8月16日 ツアー8日目(フェリーバック)

RJCM 160300Z VRB04KT 9999 FEW014 BKN017 20/15 Q1002
RJCN 160300Z 07009KT 9999 FEW023 BKN030 21/16 Q1001
RJSA 160300Z 03005KT 9999 FEW020 BKN/// 23/17 Q1003
いよいよ、今日から大利根へのフェリーバックとなります。本日残ったメンバーは、けいぶん、タブパパ、つのやん、ガスター石川です。JA2429のフェリー要員は阿曽さんと愛さん、JA3796はひらおかさんが担当します。

20080816001
曇天をバックにフェリーバックの計画をしている愛さん(中央)

20080816002
けいぶんは女満別からIFRで羽田に移動します( ̄ー ̄)ニヤリ

20080816003
関東平野に入ったら・・・Cucloud~CBthunderのお出迎え~

20080816004
総武線快速のグリーン車で向かう先は・・・

20080816005
大利根飛行場ではNGY隊長がスイカを食べています。良くみると種を飛ばしています( ̄ー ̄)ニヤリ

JA3796はIFRで礼文島を経由して滝川へ、JA2429は滝川を経由して青森に泊まります。

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

2008年JMGC北海道ツアー 7日目

8月15日 ツアー7日目
RJCM 150300Z 22010KT 9999 FEW025 SCT035 BKN100 25/18 Q0998
RJCN 150300Z 23007KT 9999 FEW015 BKN022 21/18 Q0999

今日の天気予報は雨マークrainだったので、地上から知床観光をする予定でした・・・が、ガスター石川dashだ けは「せかっく来たんだから飛びたい~ぃ」とダダをこねるので、エアロスポーツ北見の加藤さんに頼んで面倒を見て頂く事にしました。残りの、けいぶん、赤 平、阿曽、角田、タブの5人はレンタカーで知床半島観光に出かけます。しかし朝方は曇天模様だったのがウトロに着く頃には青空が広がり、ガスターの執念に びっくりしました。 途中、羅臼温泉の熊の湯spaに入ったり、羅臼の港で魚釣りfishをしたりして楽しみました。昼飯は羅臼の「まるみ食堂」。ここで各々北海道らしい丼を注文しましたが、そのボリュームにびっくりです。昼飯の後は、赤平さんのリクエストで別海フライトパークを見学。愛機のトバゴairplaneに群がる廃人共にオーナーの小六さんはびっくりした事でしょう。別海フライトパークを出発して赤平さんを女満別空港airplaneに送り届ける途中、弟子屈付近から雨になりました。そう言えば今日、関東地方のすぐ近くに台風が発生しましたが、ちょうどその頃、ガスター石川dashがグライダーでスピンtyphoonの体験をしていたそうです。ガスター石川dashがスピンすると台風typhoonが発生するようです。今後、ガスター石川dashの動向に注意しましょう(?)
 今夜、赤平さんと入れ替えに愛さんが再度、渡道していよいよ明日からフェリーバックとなります。


080815001
斜里付近のオホーツク海~青空です!

080815002
知床岬を羅臼側に下ると熊の湯があります

080815003
んん?タブパパは何を狙っているのでしょうか?

080815004
湯上りの、つのやんと阿曽さん

080815005
イクラとウニのボリュームにびっくり!

080815006
撮影大会?

080815007
羅臼の港で魚釣り~島影は国後島

011

012
全員、爆釣~! 釣れた魚はアブラコ(アイナメ)です。

080815008_2
別海フライトパークにて・・・・
赤平 「本当は昨日、私が飛んでくるハズだったのに!」annoy
タブ 「ごめんなさい~!」sad

080815009
小六さんの愛機に乗せてもらいます

080815010
愛機のトバゴに群がる廃人共にオーナーの小六さんはびっくりした事でしょう。

080815011
女満別空港からシャバcatに戻る赤平さん。ちゃんと社会復帰してね!

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

2008年JMGC北海道ツアー 6日目

8月14日 ツアー6日目
RJCM 140300Z 20009KT 170V280 9999 FEW025 SCT035 BKN150 25/19 Q1004
RJCN 140300Z 22008KT 9999 FEW018 SCT025 BKN030 22/18 Q1006
天気予報では今日も悪い予報でしたが、参加者の執念が強すぎるのか、北見地方だけは朝から雲底も高く飛べる天気でした。朝一番のフライトは、今日の正午前の便で帰宅する直美教官と「風を呼ぶ男」ガスター石川氏dash。JA2429で紋別経由で女満別に向かう予定でしたが、紋別方面は降雨rainが ありルートを変更して女満別に直行しました。またクルーチェンジの為、陸路でバスマン、タブパパ、けいぶんの3名が女満別空港に移動して、タブパパ+バス マンのコンビが知床岬を攻めます。一方、阿曽さんとつのやんは「自分の脚」で斜里岳登山を楽しみました。女満別空港で待機するけいぶんは、次第に美幌峠の 雲底が高くなり、別海方面に行けそうな気がしてきたので、JA2417を別海フライトパークにフェリーバックする計画を立てます。JA2429が知床から 女満別に戻ると、大急ぎでクルーチェンジをして、けいぶん+タブパパのコンビで北見に戻ります。風が200度から10ktと嫌な横風でしたが、落ち着いて 着陸操作が出来ました。北見に戻ると、江原さんやソルジャー小林さん、小本さんがJA2417の準備を済ませてくれてあり、速攻でシップチェンジをしま す。JA2417もけいぶん+タブパパで別海に運びます。北見方面からは美幌峠が霞んで見えませんでしたが、いったん女満別空港の方向に進んでから視点を 変えて峠を見ると、峠と雲底が広く空いているので、高度を上げて美幌峠を通過します。次に屈斜路湖上空で同高度の雲を左右によけ、昨日陸路で行った硫黄山 を経由して摩周湖に向かいます。摩周湖もここから見ると雲に覆われていたのですが、ちょっと上昇すると東側の雲は底が高いので、時計周りに摩周湖を飛ぶと 別海方面は雲が低いものの視程が良く、直行する事ができました。別海フライトパークにはRWY14でストレートインで着陸しました。右席のタブパパは 1.5マイルまで滑走路に近づいても滑走路が視認できなかったそうです。牧草地にあるグラスランウェイはなかなか見つかりませんね!(笑) 無事に JA2417をお返しできてほっとしました。北見への帰りの脚は、斜里岳登山を楽しんだ阿曽さんとつのやんが、車で迎えに来てくれました。帰りの美幌峠は とても良く晴れてsunいて、なんだか複雑な心境です。夜はエアロスポーツ北見の皆様とシャブシャブを囲んで懇談会が開催され盛り上がりました。毎日、こんなに楽しくて良いのでしょうか?(笑) 今日は直美教官、江原さん、バスマンが帰宅して、明日から少しづつ寂しくなります。

0814001
紋別空港経由で女満別空港に行くガスター石川dashと直美教官。結局、紋別方面は降雨の為、女満別に直行しました。

0814002
ガスター石川
dashの離陸を暖かく見守るツアー参加者・・・

0814003
女満別空港にて人のスープカレー
restaurantを狙うeyeガスター石川dash

0814004
北見農道からJA2417をフェリーバック。美幌峠は意外と雲が高い

0814005
屈斜路湖砂湯
spa上空

0814006
硫黄山上空

0814007
摩周湖が見えてきた~

0814008
摩周湖の中心にはカムイシュ島が見えます

0814010
別海方面はシーリング
cloud1500FT~!

0814011
無事に別海フライトパークに到着~

0814013
タブパパが滑走路の写真を撮っています

0814014
美幌峠は綺麗な夕焼けsun・・・さっきあれほど苦労したのにぃ

0814015
斜里岳登山組の2人は後席でsleepy 運転手はタブパパcar

0814016
今夜はエアロスポーツ北見のメンバーと宴会beer

0814017
みんな出来上がってますspa

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

2008年JMGC北海道ツアー 5日目

8月13日 ツアー5日目
RJCN 130300Z 18005KT 2500 -DZ BR FEW003 BKN004 BKN009 19/18 Q1012
RJCM 130300Z 17013KT 9999 FEW010 BKN070 BKN150 23/18 Q1010

今日でツアー5日目。予報は曇りcloudとか雨rainですが、参加者の「執念」が強いのか晴れ間が広がっています。今日のフライトは午前中で終了して午後からは直美教官が去年から楽しみにしていた釧路川源流部のカヌー下りです。このコースは、けいぶんがキャンピングカーで北海道を周っていた頃に何度かお世話になった「リバー&フィールド」と言うショップに予約しました。
午 前中のフライトはJA2429が直美教官と小本さんが女満別空港往復、続いて直美教官と赤平さんが北見ローカル。JA2417が角田さんとけいぶんで紋別 空港往復、続いてバスマンとけいぶんが女満別空港往復をしました。航空通信士(航空無線通信士では無い)の資格を保持するバスマンは女満別空港で念願のタ ワーと交信していました。(笑)
カヌーは6人で予約したところ希望者が7名となり、アミダクジで体験者を決めましたが、小本さんが見事に「外れ」悔しがっていました(爆)

080813001
つのやんが機長で北見農道を離陸します。RWY28

080813002
cloudが低いです。鉄道沿いに留辺蕊まで向かいます。

080813003
スイッチバックが良くわかる遠軽駅。
train

080813004
紋別空港のダウンウィンド。
airplane

080813005
紋別空港RWY14ファイナル。

080813006
紋別空港をTGLしてコムケ湖上空。河口で良くキャンプしました>キャンピングカー時代♪
eye

080813007
コムケ湖の南には旧紋別空港。今でも着陸できそうです。

080813008
北見に帰る途中の雲(泣)

080813009
カヌーの集合時間まで時間があるので屈斜路湖畔観光
spa

080813010
まずは池の湯
spa

080813011
さっそく直美教官が足湯をしています(笑)

080813012
バスマン、赤平さんも加わって記念撮影!

080813013
つづいて砂の湯に移動~
spa

080813014
砂を掘るバスマン、足湯の直美教官、証拠写真を撮る赤平さん?

080813015
さすが教官!体勢を崩しても適切なリカバリーです。
scissors

080813016
カヌー参加者一同!。

080813017
屈斜路湖に飛び込むソルジャーとカヌーに乗れなかった小本さん。
cat

080813018
出発前にインストラクターから教習を受けます。

080813019
1番艇~、赤平、直美教官組。

080813020
2番艇~、つのやん、江原組

080813021
3番艇~、バスマン、船坂組

080813022
沖に出てフォーメーションを組みます?

080813023
JMGCカヌー戦隊~

080813024
カッコイイ?

080813025
この辺は水が綺麗で湖底が良くみえます。ウチダザリガニも視認できます。

080813026
釧路川源流部~

080813027
いってらっしゃ~い

080813028
弟子屈空港そばのペンション・・・の看板。某廃人のお勧めです(笑)

080813029_2
カヌーツアーの後は硫黄山観光~。船坂さんは別の車で女満別空港に向かい、離道しました~

080813030
硫黄の結晶が凄い・・・

080813031
吹き出す水蒸気で温泉卵を作っています♪

080813032_2
亜硫酸ガス濃度が危険?

080813033
やっぱり・・・・廃人

080813034
気がついた?

080813035
この男も危険?

080813036
???

080813037_2
IMC!

080813038
今夜も宴会!今日はエビに蟹!
cancer

080813039
貴重な活き「北海シマエビ」
beer

080813040
こちらは、バター焼き♪
restaurant

080813041
毛蟹も美味~♪

080813042
どうした?バスマン。活きエビが怖い!

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

2008年JMGC北海道ツアー 4日目

8月12日 ツアー4日目
RJCM 120300Z 17011KT 9999 FEW010 25/18 Q1011
RJCN 120300Z 21009KT 9999 FEW007 BKN010 BKN012 19/16 Q1014

8月12日も北見は良く晴れています。
きっ と、日ごろの行いが良いのでしょう(笑)朝一番で瀬尾師匠のJA09AWが大利根に向けて帰路につきました。奥尻の空撮をして青森まで行くのかと思ったら 庄内空港で泊まりみたいです。JA3796は、ひらおか機長の運航で数人の廃人共がアクチャルIMCの帯広空港を楽しんできたそうです。一方モーター組 は、昨日ソルジャーが別海からフェリーして来たJA2417を加えて2機体制で飛びまくります。日中、北見の風が「横風上等!」状態となり、モグラの2機 はクルーの乗り換えを女満別空港で行う事になりました。女満別空港には航空ガソリンはありませんので、管理事務所に燃料の持ち込み許可申請を行い、近くの ガソリンスタンドからハイオクを配達してもらいました。フライトの後はやっぱりビール・ファクトリー

0812001
瀬尾さんは14日に帰路につく予定でしたが、天候不良を懸念して本日中に青森まで帰るそうです。

0812002
どこかで見たような燃料屋のおやじ

0812003
天気が良く日照が強烈なためキャディーさんみたいな格好をしている赤平さん

0812005
女満別空港にて燃料の持ち込み許可申請をしてハイオクを給油しています。

0812004
危険物取り扱いの資格は生かされて嬉しいバスマン

0812006
阿曽さんと直美教官

0812007
今日も知床岬に行きます。右席は赤平さん

0812008
今日の海霧は強烈で尾根を越えてウトロ側にはで入り込んでいます。

0812009
カムイワッカ湯の滝付近

0812010
海の色が温泉成分で変色しています

0812011
知床五湖って意外と崖っぷちにあるんですね。

0812012
熊は視認できませんでした

0812013
断崖絶壁

0812014
岩尾別温泉

0812015
今夜もオホーツクビールファクトリー

0812016
バスマンがデザートを給仕しています

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

2008年JMGC北海道ツアー 3日目

8月11日 ツアー3日目
RJCM 110300Z 16005KT 120V210 9999 FEW025 SCT/// 26/15 Q1012
RJCN 110300Z 25009KT 210V270 9999 FEW014 BKN016 20/16 Q1014

JMGC 北海道ツアーは今日から現地で活動開始です。まずはJA2429で直美教官と船坂さんが知床岬を目指しました。一方、緒方さんと長屋さん、バスマンは、 JA3796で旭川空港~紋別空港方面に飛んでいきます。平岡さんは、「飛んで火に入る夏の虫」とばかりに、北見の加藤教官に頼まれてグライダー曳航をし ていました。(笑)
正午頃、瀬尾師匠と赤平さんがJA09AWで到着。北見フライトサービスの周波数は聞き覚えのある声ばかりで、大利根ローカルで飛んでいる錯覚が生じました。(北見の皆様、すみませんでした)
直 美教官と船坂さんが戻った後は、けいぶんと小本さんがJA2429でサロマ湖~知床岬~斜里岳を飛びました。北見に戻ると、何故かソルジャー小林が、 JA2417をフェリーして来ていました。JA2417は明日JMGCメンバーが使用させていただきます。ソルジャーはころくさんのトバコで別海に帰って いきました(なんちゅう贅沢なやっちゃ!)

0811001
今日も良い天気!さっそく飛行前点検を行なう廃人共!

0811002
管理棟前にJMGC北海道方面司令部が開設(笑)

0811003
燃料給油風景。

0811004
JA3796も道東遊覧の準備に余念がありません。

0811005
一方、ひらおかさんは急遽、加藤さんのお手伝いとしてロバンで曳航Pをしていました。ひらおかさんありがとうございました~

0811006
JA2429で先ずはサロマ湖を目指します。

0811007
サロマ湖。湖の色とオホーツク海の色の対比が綺麗です。

0811008
能取岬。牧場になっていてサラブレッドhorse?がいます。ここも綺麗でお勧めポイント♪

0811009
知床峠付近上空。峠から羅臼側は雲(海霧)の下~weep

0811010
羅臼岳山頂と硫黄山(右上)

0811011
南風が吹くとすぐに海霧になっちゃいます。雲間に見えるは国後島
0811013
この渓谷は温泉だらけ?カムイワッカ湯の滝もあるspa

0811012
硫黄山の山頂付近は確かにイオウ臭がします

0811014
国後島と択捉島cancer

0811015
10,000ftから眺めた知床岬先端~

0811016
1,000ftまで降下して眺めると、コントラストが出てくる

0811017
うりゃ~っと垂直写真?

0811018
漁師の番小屋

0811019
相変わらず美幌峠から南は海霧・・・なのにソルジャー小林がJA2417を別海からフェリーして来た!さすが地元民!
0811020
JMGC北海道方面司令部の撤収作業

0811021
JA2429とJA2417がタンデムで係留されています。

0811022
北見農道のエプロンはモグラに軽飛行機で一杯!

0811023
もちろん、今夜も宴会!愛さんは両手に花heart04です!

0811024
二次会は近くのラーメン屋noodleさんで!

0811025
肩コリがひどいので船坂さんに揉んでもらいます・・・イタイ!bearing

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

2008年JMGC北海道ツアー 2日目

8月10日 ツアー2日目
RJCM 100300Z 06006KT 020V090 9999 FEW020 SCT040 19/13 Q1014
RJCN 100300Z 01006KT 310V060 9999 FEW025 BKN040 19/13 Q1013

愛 猫のタヌは昨日中にクラブ員の鈴○獣医さんに預けて来ました。羽田空港までは常磐線で上野に出るのが普通ですが、荷物が一杯なので成田経由で特急の「あや め」で成田~東京駅で京浜東北線に乗り換え浜松町からモノレールで羽田空港に向かいました。羽田~女満別の空路はとっても快適です。「大利根から機体を フェリーする方々は大変だなぁ~!」と思いながら機内で飲むコーヒーは格別です。更に隣の席には妙齢の女性virgoが色々と話しかけて来て退屈しませんでした。女性に年齢をお聞きするのは失礼かと思いましたが・・・9歳catだそうで!(爆)
女 満別空港に到着してレンタカーの待合場所に行くと、参加者の船坂さんがいました。どうやら同じ便だったみたいです。レンタカーをチェックアウトして直美教 官を北見駅前で拾って、北見農道離着陸場に向かうと、既にJA2429とJA3796が到着していました。JA2429は飛び入り参加のクラブ員K原さん と遊覧飛行に出かけていました。
JA2429が到着後、直美教官とチェックアウトをかねてTGLをして今日はおしまい~

0810001
女満別空港からレンタカーで北見農道を目指す。空が青い♪

0810002
北見農道に到着したJA2429がさっそくローカルフライトしています。

0810003
北海道到着を祝って記念撮影♪

0810004
北見農道離着陸場の夕暮れ

08100050810007
エアロスポーツ北見の加藤さんとオホーツクビールファクトリーで乾杯!

0810006
就寝前にホテルの会議室で明日の作戦を練る・・・「どうやって遊ぼうか?」

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

2008年JMGC北海道ツアー 1日目

8月9日 ツアー1日目
2429
G109BとC172XPの2機に5名が分乗して北海道を目指します。モグラのコンビは去年の津軽海峡ツアーで北海道にたどり着けなかった2名です。さて、今年はリベンジなるか?
けいぶんは明日、IFRで羽田空港から女満別空港に飛びます(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧