« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

別海の圧雪滑走路と知床岬の流氷~♪(2日目)

2月28日(土)別海2日目
RJCN 280000Z 32006KT 290V360 9999 FEW025 M02/M11 Q1019
RJCN 280300Z 34011KT 310V020 9999 VCSH FEW025 M02/M11 Q1020
RJCN 280900Z 12003KT 9999 -SHSN FEW020 BKN030 BKN050 M05/M11 Q1022

 天気予報では「曇り」とか「雪」とかだったけど、今日も朝から青空が見えます。
朝食後はペンション前の坂道でソリで遊びました。(A平さんとK本さんが・・・) 昨日、滑って転んで脚を捻挫した某タブパパとフライト前に怪我をしたくない私は見学です(笑) このソリはなかなか難しそうで2人ともコースアウトして転覆していました(爆) 着陸時にはちゃんと「軸線」を合わせましょう!

 ペンションから別海フライトパークまでは車で30分弱で到着します。今日のフライトは第一陣がタブパパ+K本さん、第二陣が私とA平さんです。もちろん、流氷観測(観光)が主目的なので天候が許せば知床岬沖まで行きたいところです。しかしながら、別海フライトパーク上空は良く晴れていますが知床方面には白い雲が出てきています。分布予報を見ると知床半島の陸地だけは曇りで両側の海上は晴れのようです。風は北西風で知床半島のオホーツク海側は降雪があるかも知れません。北海道の冬は初めてなので深追いは禁物です。 
 私とA平さんは昨日、「明日は予報が悪いから今日のうちに流氷みちゃおう!」って事で目的は達成していたので、今日のチャンスは彼らの番です。 佐藤場長の指示の下、格納庫からJA2417をエプロンに出します。河原育ちで格納庫なんてまったく縁の無い我々は「格納オペレーション」に興味シンシンです・・・(笑) 飛行前点検、暖機運転の後、JA2417はタブパパ(PIC)+K本さんコンビで知床岬を目指して離陸して行きました。帰りに今回の宿の「うさの森」を空撮してくる予定です。予定所要時間は2時間30分です。
 さて、第一陣が無事に出発したので第二陣はする事があまりありません。第一陣が戻ってくまでに昼飯に行ってきます。別海フライトパークでの昼飯は大利根同様にコンビニで弁当を買ってくるか、近くの食堂まで自動車に乗って食べに行くか、近くの空港まで飛んで行って空港のレストランで食べるかです(笑) 今回は自動車で近くの西春別まで食べに行くことにしました。
  車の中でJA2417が防空レーダーを交信しているのを受信機で聞きます。どうやら無事に知床岬まで飛んで行けたようです。そうなると第二陣も気合が入ってきます。食事を終えて別海フライトパークに戻るとJA2417は摩周湖付近を飛んでいるみたいです。きっと「うさの森」空撮ミッションに向かう途中でしょう。A平さんにフライトプランを書いてもらって、カメラやGPSの準備を滞りなく行います。

2009022800
朝食

2009022801
モデル撮影会?

2009022801_3
着陸時にはきちんと軸線をあわせましょう(笑)

 事務所で準備をしているうちにJA2417が戻ってきた。第一陣の勇姿を撮影するために外出て撮影場所に陣取る。雪が反射板になって機体下面にも光が回って綺麗に撮影できた。JA2417は無事に着陸してエプロンに戻ると、A平さんにはフライトプランのクローズとファイルを携帯電話で釧路空港の情報官に入れてもらい。第一陣の2人と協力して燃料給油と機体の点検をすます。今日の日没時刻は5時過ぎなのでMあまり余裕が無い。第一陣からの情報で知床半島の陸地部分は雲が多いものの避けながらオホーツク側に行けること。知床岬は良く晴れている事。流氷はバッチリ接岸している事など・・・・
 ちょっと背風だけど、RWY32で離陸をする事にした。滑走路に入り離陸滑走を開始する。昨日と違って強烈な横風では無いのでのたうちまわらずにすむ(笑)。しかし、圧雪滑走路ってのはブレーキが効かないくらいだから滑走時の抵抗も少ないだろうと思ったのは誤りだった。背風ぎみなのでかなり滑走しても対気速度はあがらず、ちょっと緊張した。
 車輪が浮いたら速度が付くまで辛抱して障害物を越えるまでVxで上昇。障害物を越えたらVyにする。安全高度に達したら右に進路を変えて海別岳を目指そう・・・・
 別海フライトサービスにトラフィックパターンを離脱する旨を連絡。続いて中標津RDOに通信設定をしてから離陸時間を告げてフライトプランをオープンしてもらう。別海フライトパークは中標津空港の南西10NMにあり、知床方面に行くには中標津空港の進入経路を横切る事になる為、滑走路の延長上を過ぎるまで中標津RDOをモニターする。滑走路の延長上を横切った事を告げRDOから離れる。
 知床連山の上空の雲は第一陣が飛んだ時より発達していて、雲上を飛ぶ事は無理そう・・・その代わり羅臼方面には雲が無いので羅臼経由で行ってみる事にした。 結局、羅臼から知床横断道路に沿って雲上をウトロ側に抜けました。雲上と言っても十分な高度まで上昇出来たので比較的楽でした。ウトロ側は確かに陸地は雲底が3,500ftくらいでベッタリですが少し海上まで出ると晴れています。流氷はビッシリと接岸していて、海なのか陸なのか判らない程です。ここから知床半島まで注意深く飛んで行きますが山の風上側なので結構楽しく飛べます。知床五胡もカムイワッカの滝もこの時期は人の気配が全く感じられません。海岸沿いを知床岬までくると日が差し込んでいます。防空レーダーに岬からさらに3NM程沖に進出する事を伝え、上昇しながら陸地から離れると流氷は知床岬を回りこみ根室海峡側まで流れています。更に、東の方向は流氷が幾く筋かの線になっていてとってもきれいです。ここまで苦労して飛んできた甲斐がありました。
 今日も日没時間が気になるのでゆっくりはしていられません。何旋転かして知床半島の尾根にそって摩周湖方面を目指します。知床半島は雲にべったり覆われていますが、雲の上にでるとフェーンギャップから風下側の羅臼が良く見えています。ウェーブ・システムが手に取るようにわかります。北西の風がなかなか強く対地速度が出ません。昨日、空撮した斜里岳から摩周湖をダイレクトに攻めます。摩周湖付近までは良い天気できたが弟子屈の町から西側がなんだか黒くぼやけています???
 さっきまで、よく見えていた雄阿寒岳は雲に隠れています。うさの森まであと2分だからちょっと寄っていくか・・・ってのが後悔する事になります。
 うさの森上空まで来て空撮をしようと旋回を始めると西側から「スノーカーテン」が押し寄せてくるのが視認できました。空撮をして直ちに別海フライトパークに向かいますが、既にスノーカーテンはすぐそこまで迫っています。
 もちろん、管制区管制圏外でのVMCを維持しています・・・別海フライトパークまでは15分位で帰れるはずですが、念の為に別海フライトサービスに無線で状況を確認すると、ベタ曇りで雪雲が近づいてきているとの事です。まごまごしているとIMCになってしまう!!
 しかし、問題はそれだけではありませんでした。「ベタ曇りの圧雪滑走路」は高度感覚がまったく失ってしまうんです。フライトサービスの指示にしたがってRWYを一度オーバーフィールドして見え方を頭に叩き込んでおきます。
 タブとK本さんが滑走路の脇で写真を撮っているのが良い目印になります。
ターニングファイナルでRWY14の軸線にのります。なるほど高度感覚が無いなぁ~(泣)
スレッショルドまでは特に意識しないで進入操作をしますが、フレアーが大問題です。
「う~みゅ、高度感覚がまるで判らん・・・・」  遠くを見て、水平線を良く見ます・・・
まるで水上機で着水するように・・・(水上機の着水なんてやった事ないけど)
んで、着陸は自分でも良い出来と思える程でした(笑)

今日のフライトは2時間15分・・・充実したフライトでした。
明日も天気が良さそうです。

どこ、飛ぼうかな!

-------------------------------------------------------------------------

続きを読む "別海の圧雪滑走路と知床岬の流氷~♪(2日目)"

| | コメント (0)

2009年2月27日 (金)

別海の圧雪滑走路~♪(1日目)

2月27日~3月2日に北海道の別海フライトパークで圧雪滑走路を体験してきました。
別海フライトパークの佐藤場長さま、鳥になりたい会の皆様、ありがとうございました。

Photo
3日間の航跡です。

--------------------------------------------------------------------------

2月27日(金) 別海1日目
RJCN 270000Z 25009KT 9999 FEW035 SCT/// M05/M10 Q1019
RJCN 270300Z 24007KT 9999 FEW035 BKN/// M01/M08 Q1016
RJCN 270900Z 22013KT 9999 FEW030 M01/M04 Q1014 
   
 始発の羽田発釧路行きで渡道し、釧路からはレンタカーで別海フライトパークに移動しました。タブパパは大阪から夜行バスで羽田で合流・・・・お疲れ様です。昼前に別海フライトパークに到着。佐藤場長が出迎えてくれました。今回の目標はなんと言っても圧雪滑走路での運航体験と流氷を上空から観測する事です。
 流氷観測に備えて事前に圧雪滑走路での練習をしようと年末に訪れた時は雪不足と暖冬で全く飛行できませんでした。しかし今回は雪が多すぎる位で滑走路の状態はバッチリ圧雪です!しかし、横風が強くしばらく風待ちをしました。しばらく待機していたら風が少し弱まって来たので、佐藤場長に同乗して頂き、圧雪滑走路での運航訓練を始めました。感想は・・・離着陸は(晴れていて)慣れれば問題ないけど、横風での地上タクシーが超~難しいです!。30分程のTGLでチェックアウトして頂き、次はK本さんが挑戦します。K本さんがTGLしている間に風や雲を観測して、斜里位までなら飛んで行けそうだと思い。機上の佐藤場長にインテンションを無線で伝え、OKが出たので、斜里まで流氷を見に行く事にしました。同乗者は、ついにここまで航空廃人症候群の病状が悪化してしまったA平さんです(笑)
 RWY14での離陸の為、滑走路上で180度ターンしようと思ったら、ブレーキが全く効かず、機上操作でのターンは不可能と考えて潔くエンジンを停止してから機体から降りて手で機体の方向をRWY14に向けます(笑) 横風が思いのほか強いので直進に気をつけながら離陸滑走をしてRWY14で離陸します。離陸後、計根別上空で別海フライトサービスを離れて、中標津RDOにコンタクトしてフライトプランをオープンします。
 関東地区ではフライトプランのオープンを宣言しなくても自動的にオープンしますが、関東地区以外では自動オープンしないので宣言が必要です(場外離着陸場等の場合)
RDOからは中標津空港周辺のトラフィック情報は無いとの事で斜里岳と海別岳の間の根北峠からオホーツク海側に出る事にする。今日は風が強いが視程が良いので既にオホーツク海が見えている・・・確かに見えているけど、海が白い!・・・きっと流氷だ!(嬉)

 根北峠では山の乱流でかなり揺れたが、目の前に迫る流氷にそれどころでは無い!(笑) 斜里町沖のオホーツク海で旋回を続け、右席に流氷を空撮してもらう。最初は最低安全高度まで下げようとしたけど、怖いので写真的には不満だけど高度を維持しま・・・(と、言うもののJA2417のエンジンはとっても調子良いですね)しかし、初めて流氷の上空を飛んでみたけど感動~♪ 遊覧船や遊覧飛行も良いけど、自家用操縦士ならやっぱり自分で操縦して上空から見る流氷が一番でしょう!

 さて、そろそろ日没時間が気になってきた。予め引き返す時刻を決めてあり、予定通り帰路についた。今度は斜里岳の風上側を通って一目散に別海フライトパークに向かいます。
別海フライトパークは離陸時と同じくRWY14です。さっきより風は弱まっていたが、相変わらず真横の風が10KT以上吹いていて、なかなか良い汗を掻きました(笑)
 そう言えば、タブのチェックアウトが未だでした。彼は前夜大阪から出てきたので疲れ果てて寝ていましたが、流氷観測から帰って来てた我々と速攻で交代して、チェックアウトしていました。これで、今回参加したライセンシー3人全員が圧雪滑走路をチェックアウトした事になります。


続きを読む "別海の圧雪滑走路~♪(1日目)"

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

リベンジ[revenge]・・・別海合宿~♪

明日、2月27日から3月2日まで、別海フライトパークに行ってきます。
もちろん、前回のリベンジです。今度こそ圧雪滑走路で飛べるといいなぁ~!

|

2009年2月22日 (日)

羽田空港~

誤解を招く内容があったので記事を削除いたしました。

続きを読む "羽田空港~"

|

2009年2月20日 (金)

project Fe 寝台特急富士はやぶさの 写真追加

Dsc_9249s

Dsc_9242s

Dsc_9267s

Dsc_9287s

Dsc_9294s

Dsc_9330s

Dsc_9333s

Dsc_9392s

Dsc_9447s

Dsc_9448s

Dsc_9455s

Dsc_9464s

Dsc_9503s

Img_0010s

Img_0002s

Img_0007s

Img_0013s

Img_0019s

Img_0022s


















| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

今日もモグラ~(笑)

Pict0117
機材入れ替えの為、乗り納めのハスキー cameraby TRDさん

JA2367/SF25C 0+10 チェックフライト
JA2367/SF25C 0+10 PIC
JA07EC/HK36-TTC-ECO 0+50 右席

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

春一番

RJAA 132122Z 22027G51KT 8000 VCBLDU BKN020 BKN040 19/15 Q0995

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

今日もモグラ~♪

Img_0004s
最近ライセンスを取得してECOに機種転換中のMRTさん。

JA2351/G109B 0+20 体験飛行
JA07EC/HK36-TTC-ECO 0+15 PIC
JA07EC/HK36-TTC-ECO 1+00 右席

| | コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

project Fe 寝台特急富士はやぶさの旅~3日目

昨日は無事に熊本から寝台特急はやぶさ号に乗車出来ました。
今、定刻どおり浜松を発車しました。
あと3時間弱でこのprojectも終わりです。

今、富士駅を定刻で出発。
富士山が綺麗です。
バスマンと悪巧み中~!
今度、富士山をバックに富士はやぶさの空撮しようかなっと!

Dsc_9700s

定刻どおり、寝台特急はやぶさ富士号は東京駅に着きました。 これから大利根飛行場に顔を出します~

続きを読む "project Fe 寝台特急富士はやぶさの旅~3日目"

| | コメント (4)

2009年2月 7日 (土)

project Fe 寝台特急富士はやぶさの旅~2日目

昨夜の1803に東京駅を出発した寝台特急富士ですが、九州に上陸して城野駅で信号機トラブルで臨時停車しです。車掌さんに、臨時停車している特急ソニックに乗り換える様に言われました。大分から九州横断特急3号に乗れないと、帰りの寝台特急はやぶさに乗れないのですがどうしよう(泣)

富士号の前を走るソニック号に無事乗り換えました。(臨時停車してます)
1時間18分遅れで大分に到着。

Dsc_9430s_3
城野駅に臨時停車しているソニックと富士

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む "project Fe 寝台特急富士はやぶさの旅~2日目"

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

project Fe 寝台特急富士はやぶさの旅~1日目

先日も書きましたが今週末は一大イベントがあります。
そうです、1ヶ月前の午前10時に頑張って予約したあれです。

名づけて「project Fe」です(笑)
判る人には判るけど、判らない人には決して理解できない・・・

1レ2レの旅です。
今回の旅程は

2月6日(金)
寝台特急富士号
東京発18時03分~車中泊

2月7日(土)
寝台特急富士号
~大分着11時17分

九州横断特急3号
大分発11時55分~熊本着14時49分

寝台特急はやぶさ号
熊本発15時57分~車中泊

2月8日(日)
寝台特急はやぶさ号
~東京着9時58分

う~みゅ、せっかく九州に行くのに車内泊、もしかしたら駅から出ない
かもしれない強行軍・・・
もはや、修行とか苦行ですね(爆)

今回の(も)同行者はバスマン氏です。
あんたも好きだねぇ~


22時54分
無事にバスマン氏と始発駅の東京から1レに乗っています。
さきほど名古屋を発車しました。
この1レは食堂車はおろか車内販売も無いので夕飯とアルコール燃料は東京駅のダイマルで仕入れました。あと11時間は列車の中です。

Dsc_9237s

---------------------------------------------------------------------

続きを読む "project Fe 寝台特急富士はやぶさの旅~1日目"

| | コメント (0)

2009年2月 1日 (日)

強風~最後の練習~ダイヤモンド富士山

RJAA 010300Z 31013KT 9999 FEW030 10/M03 Q1015 TEMPO 33017G28KT

発達した低気圧(ガスター石川typhoon)が抜けた今日は強い横風の予報でしたが
吹くぞ~吹くぞぉ~!と言う予報の割りにはそんなに強い風ではありませんでした。

Photo
休憩時間にMRT(ゴルフ)教官が活躍しています。 camerabyH隊長

Photo_3
o360さんの実地試験前最後の訓練です。明日の今頃は新教官誕生の予定です。

Photo_4
今日は富士山に夕日が沈みました。ダイヤモンドFUJI!

Photo_5
RWY25の延長上に富士山が見えます。


続きを読む "強風~最後の練習~ダイヤモンド富士山"

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »