« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

7月28日(土)~またまた松本空港へ(笑)

先日モグラライセンシーになったM井さんのお供で松本空港~上高地~北アルプスをモグラで飛んできました。
夏の時期は雲が育ちやすいので午前中が勝負です猫
往路のPICはM井さんにお願いしてルートは先週とほぼ同じコース。この天気なら誰でも同じコースになりますね(笑)

往路は山岳フライト(もどき)を体験してもらおうと、松本空港ではトイレ休憩だけですぐに出発します。上高地へのルートである梓川からセスナ 172が松本に向かってくるのがRDOから告げられます。われわれも梓川経由で上高地に向かうのですがこっちは非力なモグラですので斜面上昇風を上手く見 つけてどうにか高度を稼ぎます。無事にセスナをやり過ごし奈川渡ダムから安房峠を経て焼岳から前穂高~槍ヶ岳を目指しますが雲底が10,000ftと槍に 向かうには少し雲底が足りません。
槍~奥穂高の岐阜県側斜面も雲が多く少し残念でしたが最後に槍ヶ岳を見る事が出来たので11,500~9500ftで東に向かいエリアHを微妙に 避けて横田APPと通信設定をして大利根飛行場に帰りました。上空は19度と大変涼しかったけど、地上は36度と酷暑でした(笑)

Dscn0829s
M井機長、初のお外(関東平野外)へ出発します。

Dscn0835s
夏の雲はあっと言う間にぐんぐん育っていきます。さて、どっちに避ける?

Dscn0837s
八ヶ岳~美ヶ原はどこも、雲がモクモクと育っています!進路はどっち?

Dscn0839s
雲をさけながら美ヶ原高原を抜けて王ヶ鼻をかすめて・・・あれ?先週と同じコースぢゃん!

Dscn0841s
先週と同じように松本空港のRWY36にアプローチします。

Dscn0846s
松本空港で昼飯を食べてゆっくりしていたかったけど、この時期は悠長な事を言っているとお山にいけなくなってしまいます。携帯食とスポーツドリンクで腹を満たして、今度は私がPICで北アルプスを目指します。

Dscn0858s
風も弱いし気温も高いと・・・なかなか上昇できません(泣)

Dscn0862s
やっとここまで上昇できました・・・・

Dscn0867s
何度も来たけど、今回が一番登れなかった・・・・sweat01(腕のせい)

Dscn0868s
うにょぉ~!sweat01

Dscn0870s
退路を確保しながら奥に進みます・・・・

Dscn0872s
槍を見上げるのは、ちょっと怖いsweat01

Dscn0874s
槍を目の前にしてジタバタ~sweat02(退路を考えるともっと高度がほしい)

Dscn0882s
風上側は当然、美味しい上昇風があるのですが雲底がせまり断念・・・

Dscn0886s
と、いう訳で時間切れ(お金切れdollar)にて大利根に向けて進路をとります。

Dscn0887s
高瀬ダム湖が見えます。

Dscn0889s
軽井沢には何時ものとおり、とおせんぼ!

Dscn0891s
帰りは追い風に乗って・・・・GSは120KTも出た!

Dscn0892s
遠くで見ていると気持ちよいけど、近づくのはイヤsweat02

H240727_19_25_06s_3

んで、無事に帰って来たので先週から独り合宿のG★と合流して夜は宴会!

H240727_19_43_11s
まぁ~まぁ~まぁ~飲みねぇ~!beer

H240727_19_43_18s
でわ、乾杯~ぃbeer




 











| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

7月21日(土) 名古屋空港出発を決意・・・

RJGG 210000Z 14013KT 9999 FEW005 BKN013 BKN025 22/20 Q1012 NOSIG
RJGG 210100Z 14012KT 9999 VCSH FEW010 BKN013 BKN020 23/20 Q1012 TEMPO FEW005 BKN008 BKN020
RJGG 210200Z 13011KT 9999 -SHRA FEW008 BKN013 22/20 Q1012 TEMPO 4000 SHRA BR FEW005 BKN008 BKN018
RJGG 210300Z 12011KT 9999 -SHRA FEW010 SCT015 BKN025 22/21 Q1012 TEMPO 3000 SHRA BR FEW005 BKN008 BKN018

RJTT 210000Z 03008KT 9999 FEW009 SCT011 BKN030 19/16 Q1014 NOSIG
RJTT 210100Z 03009KT 9999 FEW009 SCT015 BKN030 19/16 Q1014 NOSIG
RJTT 210200Z 04004KT 9999 FEW010 BKN040 20/16 Q1014 BECMG 08008KT
RJTT 210300Z 01005KT 340V050 9999 -RA FEW010 BKN045 20/16 Q1014 BECMG TL0400 08008KT
RJTT 210327Z 32005KT 5000 R34L/1400VP1800U R22/1800U R34R/1000VP1800D R23/P1800N +RA FEW006 SCT015

BKN045 19/17 Q1014 RMK 1ST006 3CU015 7SC045 A2995
RJTT 210400Z 34006KT 8000 -SHRA FEW010 SCT030 BKN040 19/17 Q1014 NOSIG

RJAA 210000Z 04007KT 360V080 9999 FEW015 SCT020 BKN045 20/15 Q1014 NOSIG
RJAA 210100Z 03007KT 360V060 9999 SCT020 BKN050 20/16 Q1014 NOSIG
RJAA 210200Z 04008KT 9999 SCT018 BKN050 21/16 Q1014 NOSIG
RJAA 210300Z 03008KT 360V080 9999 FEW015 BKN025 BKN050 22/16 Q1014 NOSIG
RJAA 210400Z 04007KT 350V080 9999 FEW020 BKN030 BKN050 21/16 Q1013 NOSIG
RJAA 210500Z 03010KT 340V060 9999 FEW015 BKN035 BKN050 22/16 Q1013 NOSIG

帰る予定だった昨日も、今日も、明日も気圧配置に変化が無い!
ぢゃ帰れるうちに帰ろうと、各飛行場空港の METAR/TAFを取得。さらに秘密兵器、各消防署や峠や岬の茶屋、ドライブイン、に電話しまくって視程や雲底を確認!帰る事を決心!
ただ、ゆっくりしていると名古屋がIMCになって出れなくなるかも!ってんでお土産なんか買う暇も無く管理事務所で係留料等を支払い、フライトプランは中部国際空港の情報官に電話で入れた。

ルートは名古屋空港-岡崎-豊橋-浜松-御前崎-石廊崎-横須賀-うみほたる-千葉-佐倉-大利根飛行場として所要時間は3時間としました。常にどこかと通信設定をしていて必ず飛行を継続(VMC)できる飛行場を保持する事にします。

場合によっては浜松基地、静浜基地、厚木基地も予防着陸地に上げておきました。更に大島空港のスポットに空きがある事を確認し目的地の変更もありうる旨、連絡して機体の出発準備をします。

準備中も容赦なく雨が降り出しますが観天望気やレーダーエコーその他の情報でVMCが維持できると判断して機体に乗り乗り込みます・・・

雨の降る名古屋空港をW4のインターセクションデパーチャーRWY16で離陸して南東を目指す。雲底はBKN1300と低いが視程は10km・・・
G★の鼻息が荒くキャノピー内側が曇るのでG★にはワイパーになってもらう。
やがて名古屋空港の管制圏を離脱してセントレアTCAと通信設定を行う。まっすぐ浜松に向かうルートは小高い山があるので名古屋のPCAの東側に沿って南進して海岸線を目指す。
いつもだと岡崎付近でTCAからグライダーに注意と言われるが今日は、その岡崎滑空場直上を通って南下した。海岸線が視認できたころセントレアTCAから離される。飛行高度が1000~2000ftと低いのでレーダーに補足出来ないらしい。
浜松TCAのエリアに入ったのでTCAを呼んでも応答が無かった。土曜はサービスしていない?
周波数を浜松レーダーに切り替えて通信設定をする、浜松基地はVMCなので南側の海岸線近くの管制圏を許可をもらい海岸線を視認しながら東に向 かった。この付近は視程も雲底も良くて楽だった。やがて浜松レーダーからモニター終了を受けて静岡RDOと通信設定を行う。静岡空港はIMC。標高が高い せいだろう。近くの静浜基地はVMCだった。この雲底ではとうてい伊豆半島の峠超えは不可能なので御前崎から直接、伊豆半島南端の石廊崎を目指す事にし た。静岡RDOと通信設定をすると軽飛行機が計器進入するらしいのでトラフィックに注意して石廊崎を目指すが、海上を1500ftで長々と飛ぶのは気持ち の良いものでは無い・・・
雲底は低いが視程は良いので程なく石廊崎が視認できた。雲底もそこそこ高くなったので少しショートカットして半島南端の山の稜線を視認しながらショートカットする。
南伊豆町上空で静岡RDOから東京INF箱根を呼ぶが高度が低いせいかなかなか通信設定が出来ない。ポジションレポートは割りとすんなり行ったが、厚木、羽田、成田の各ウェザーを貰うのに苦労した。
羽田が視程8000mでBKN015ってけっこうキツイなぁ~と思いながら、大島や新島が視認できるので大島に向かう事も想定して横須賀VORに直行する。
この高度だと厚木のトラフィックが心配だからと横田APPや厚木TWRを呼ぶが全然応答が無い?高度が低いせいなのかな?
初島や江ノ島も見えているのでそのまま1500ftで相模湾を横須賀VORに向かう。横須賀VOR付近からFEW010位になり雲を避け、横須賀 海軍基地を避け東京TCAと通信設定を行い、東京湾を600ftで羽田PCAの下をくぐって、うみほたる、千葉市を経て大利根飛行場に向かう。幕張から 千葉港付近は低い雲があったので東側に大きく迂回して陸地に入る頃からTCAに1500ftまで上昇する旨を連絡して高度を挙げる。
千葉市上空からは印旛沼も視認できもう一安心。ウェスト佐倉ポイントでTCAから離れ応答無ぇフライトサービスにコンタクト、ランディングインフォメーションを貰ってRWY07に着陸。

ブロックタイムで2時間55分もかかるフライトで2人とも大いに疲れました~!
今夜もビールが旨い!

Dscn0806s
名古屋空港のエプロンで雨に打たれながら飛行前点検!
エンジン始動・・・・・ワイパーほしいな!

Dscn0808s
もうじき岡崎付近、浜松ダイレクトは無理! 海岸線は見えるので海岸線を伝って浜松に向かいます!

Dscn0811s
海岸線が視認できてほっとする2人

Dscn0810s
浜松TWRに管制圏通過許可をもらって浜松基地の南側を通ります。浜名湖が見えます。

Dscn0812s
浜松市街も良く見えます。

Dscn0813s
御前崎から石廊崎に向かいます。視程が良いのですぐに伊豆半島が視認出来ました。

Dscn0819s
伊豆半島をちょこっとショートカットして相模湾に抜けます。
大島も見えてきました。

Dscn0825s
巡視船かな?

この後、横須賀~東京湾と飛行しましたがカメラの電池切れでしたsweat01

 






 



 


| | コメント (0)

2012年7月20日 (金)

予定では今日、大利根飛行場に帰るハズだったが・・・悪天候と腐ったビールで

RJGG 200000Z 13011KT 9000 -TSRA FEW015 BKN025 FEW030CB 25/23 Q1011 TEMPO 3000 TSRA BR FEW005 SCT008 BKN013 FEW015CB

RJGG 200300Z 12011KT 4500 TSRA BR FEW005 SCT008 BKN015 FEW025CB 24/23 Q1010 TEMPO FEW005 SCT008 BKN013 FEW020CB

RJGG 200600Z 13012KT 8000 -SHRA FEW007 SCT015 BKN020 24/23 Q1009 TEMPO 4000 SHRA BR

RJAA 200000Z 06008KT 360V080 9999 FEW012 BKN015 20/16 Q1013 BECMG 07007KT

RJAA 200300Z 07009KT 020V100 9999 BKN018 20/15 Q1013 NOSIG

RJAA 200600Z 06008KT 360V110 9999 FEW015 BKN020 20/15 Q1013 BECMG 07010KT

と過去のMETARは中部国際空港と成田国際空港のものだが、エンルートも雲底低いしTSRAぢゃ飛べないのでレンタカーを借りて地上観光する事にしました。G★が数年前(7年?)に仕事で住んでいたと言う各務ヶ原周辺うぃお案内してもらいました。

やはり各務ヶ原の航空宇宙科学博物館ですね!
あすかの実機やJMGCクラブ員は涙する(かも)なウン十年前の龍ヶ崎飛行場を背景にするN-70シグナス モーターグライダーの実機が展示してありました。PICは誰?分かる人いますか?

H240720_8_00_38s
ホテルの朝飯はシンプル♪

H240720_9_23_31s
一応、管理事務所に顔を出して延泊の申し入れをしてレンタカーを借りに行く

H240720_11_15_18s
バートル

H240720_11_15_28s
YS11

H240720_11_16_52s
US1のメインギア

H240720_11_16_55s
US1の機首部分 独特な消波板が印象的

H240720_11_18_22s
P2J
ターボプロップ+ジェットエンジン!

H240720_11_21_02s

H240720_11_22_58s

工程管理の黒板・・・・JMGCの事務所にある工程管理図みたいだ

H240720_11_24_52s
飛鳥 航空宇宙技術研究所が開発した短距離離着陸飛行実験機。

H240720_11_27_02s
飛鳥の機内各種センサーやフライバイワイヤー用のコンピュータ

H240720_11_27_08s
飛鳥の機内トイレ 最後尾の与圧隔壁の前に鎮座していた。

H240720_11_27_54s
実験機だけあって計測器が多い

H240720_11_26_11s
FA-200改 STOL実験機
ただのFA200だと思ったら大間違い。2人しか乗れないこの機体の後部座席にはもうひとつエンジンが付いていて高揚力発生装置の圧搾空地を提供する・・・・すごい!

H240720_11_46_36s
日大/伊藤忠 N-62イーグレット

H240720_12_24_25s
VTOLフライング・テストベッド
なんだこれ?飛ぶんか?

H240720_12_30_44s

H240720_11_49_46s

H240720_11_50_40s

H240720_12_14_14s
豚さん?

H240720_12_44_24s
日大 N-70シグナス モーターグライダー
んん?背景の飛行場はどこかで見たことあるぞ!

ってか、大利根で飛んでいる人は必ず見るよね!
お隣の龍ヶ崎飛行場ぢゃん!

H240720_12_43_40s_2
んんん?パイロットはよく見ると・・・・もしかして愛さん?

H240720_13_35_19s
お昼ごはんはG★お勧めのお店「なまず屋」さん
なまず料理は無いけど、なまず屋なの?

H240720_13_42_21s
ひつまぶし♪
けっして、暇つぶしぢゃないよ!

H240720_13_42_38s
出ました、ひつまぶしです。
「取り扱い説明書」に従い4回に分けてそれぞれの食べ方で楽しました・・・・

昼飯後、レンタカーあるからもっと地上観光したかったけど、昨日の腐ったビールが効いていて体調がわるいのでホテルで昼休み~shock

H240720_18_40_45s

夕方になって元国際線ターミナルだったエアポートウォークへ!

H240720_18_51_22s

中はアミューズ関係も!雨なので家族連れが多いです。

H240720_18_59_21s

明日は帰れるかなぁ?
天気図見ると、気圧配置はここ数日ほとんど変わらないなぁ~!

夕食は昨日の反省をすっかり忘れて、客がまったく居ないシャブシャブ屋に入りました!

が、ビールもクリヤーだし味もまぁまぁ~

今夜は明日の飛行があるので早めに寝ますsleepy

 








| | コメント (0)

2012年7月19日 (木)

名古屋空港~セントレア・クロコン~名古屋空港と機長の飲酒前の確認事項!

さて、名古屋空港に到着して一休みをしていると、連絡をしておいたJMGCクラブ員で名古屋在住のK本さんが会社を抜け出して?やって来ました。

と、言う訳でK本さんに同乗させて頂き名古屋ローカルで飛ぶことになりましたが、せっかくなのでK本機長が行った事が無いと言うセントレア国際空港の管制圏を通過して帰ってくるコースを飛ぶ事にしました。

プランは携帯電話で入れてから名古屋GNDと通信設定を・・・・
あれ?・・・・・・

名古屋GNDと通信設定をしてスコークを付与されて出発~♪
管制圏を出るとすぐにセントレアTCAに渡されて名古屋とセントレアのPCAを避け木曽川の流れを上空から楽しみ、ナガシマスパーランド付近から伊勢湾に進みセントレアをアビームする頃、進路を東にとり空港直上通過をリクエストします。
セントレアの管制圏に入る前にセントレアTWRに渡され管制圏通過の許可が出ました。

到着機と重ならないタイミングで空港島直上を通過して半田から名古屋駅方面に北上します。名古屋駅は名古屋空港の管制圏の良い目印になりますね!

セントレアTCAから名古屋TWRに渡されTGLをリクエスト、後方よりKC767がローアプローチをするようです。最初は先行機の関係で2番目にTGLを指示されましたが、先行機の位置通報が正確で無いためか?先行機の進入はTWRによりキャンセルされ、われわれが先にTGLを行いますが、後方からKC767が迫って来ています。TGL後安全高度に達してターニングクロスウィンド~と思った瞬間、TWRからレフトターン・アプルーブ!と来ました!何か息が合うと気持ち良いですね!

こちらがダウンウィンドにKC767がローアプローチしてライトターンでトラフィックパターンに入ります。KC767は引き続きTGL。こっちはフルストップ!

TWRから先に着陸許可が出たので、メイク・サイドアプローチ!
KC767が迫っているのでW4のピックアップを予期して少しロングタッチ気味で着陸・・・
TWRから案の定ピックアップW4が来ました!

TWRからGNDに渡され、W4からエプロンにタキシング中にKC767がTGLして行きました!
そう言えば、キャンセルされちゃったヘリコプターはどうしたんでしょう?・・・・
(ワッチしていたG★によると管制圏を迂回して行ったそうです)

H240719_17_19_09s
木曽川下流域

H240719_17_34_55s
セントレア国際空港直上通過

H240719_17_53_54s
名古屋城?

H240719_17_50_37s
K本機長の勤め先?

H240719_18_01_21s
名古屋空港のダウンウィンド

H240719_18_20_13s
KC767がTGLしてた!






続きを読む "名古屋空港~セントレア・クロコン~名古屋空港と機長の飲酒前の確認事項!"

| | コメント (0)

モグラで大利根飛行場~松本空港~名古屋空港へ

モグラライセンシーになったG★氏がPICとして関東平野から出て見たいしTWR空港に行ってみたいと言うのでお供する事にしました。
予定は7月19日に応答無ぇ飛行場を出発、静岡空港経由で名古屋空港に1泊、翌日は松本空港を経由して応答無ぇ飛行場に帰る計画でしたが・・・・

当日、天気図を見ると今日は北アルプスが良さそうなので、松本空港経由で名古屋空港に向かう事にします。途中自衛隊の高高度訓練空域エリアHを通過するので入間と調整もしておきましょう。

この時期に山に向かうには午前中が勝負・・・・なのにPICはマイペースで準備を進めていますが何事も経験なので黙ってみています。

コースは大利根飛行場→熊谷→美ヶ原→松本空港としました。

巡航高度はPICが4500ftを希望したのでPICに任せて飛行開始・・・
案の定、対地速度がでません(地上の風は東風、上空は西風)
熊谷を過ぎて伊勢崎付近まで1時間も要しています。
明らかに対地速度が・・・・

PICは荒船山を気にしてどんどん高度を上げて行きたいけど・・・焦るばかりで高度が上がりません(笑)

意地悪な私はせっかく上げた高度をダイブ全開で1,000ftまで下げてあげました。
「ここからこの高度でも荒船山越えられるよん♪」とPICに告げて・・・・
アイハブ~♪

美味しいサーマルと斜面上昇風を見つけて・・・荒船山を越えてそのまま美ヶ原高原をめでてダイブ全開で松本空港に向かいました!

あ~面白かった!

松本空港で昼飯を食べてさっさと離陸。
梓川沿いに上高地方面に向かいます。
奈川渡ダムから安房峠~焼岳と風を読んで上昇風を探しながら高度を稼ぎます。
上高地は吹き降ろしのド沈下だったので沈下帯を避け大回りして槍ヶ岳に取り付き卓越している北西風のリッジを利用して奥穂高から乗鞍岳を愛でて一気に高度を速度に変換しながら名古屋空港に向かいました。

Dscn0688s
真剣な表情でプランを入れるG★機長


Dscn0689s
チェックリストを見てエンジン始動プロシジャー

Dscn0696s
せっかく群馬県の伊勢崎で6,000ft近くまで上げたのに・・・・ダイブ全開で降下してやり直し(笑)

Dscn0700s
荒船山の北壁は特徴的です。

Dscn0707s
美ヶ原高原美術館を越えて・・・・

Dscn0712s
王ヶ鼻をすり抜けて松本空港にアプローチします。

Dscn0715s
ダイブ出しながら松本空港のベースレグに・・・

Dscn0724s
松本空港のノースエプロンに無事駐機します。

Dscn0723s
エプソンのキングエア?

続きを読む "モグラで大利根飛行場~松本空港~名古屋空港へ"

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »