« GW初日~★~ | トップページ | GW前半戦~2日目~ »

2013年4月28日 (日)

GW前半戦~

今日から1泊2日の予定でJMGCのミニ合宿に参加します。宿泊先が天気次第なので当日、出発間際まで決まらなかったのはこの遊びの常です。天気の良いところを選んで飛べるのは自家用パイロットの特権でもあります(笑)

Photo
朝、8時のショーアップして機体準備、フライトプランを入れて。参加者のブリーフィングを行い9時には大利根飛行場を離陸します。第一レグの目的地は富山空港です。今回の参加者6人はモグラ1機にセスナ1機、どちらもフルペイロードに近いです。燃料は当然満タンにできませんので燃料計画に気を使います。

Photo_3
第一レグの担当はモグラです。同乗するのはS楽ライセンシーです。セスナはfujiさんしかライセンシーが居ないので全部のレグでfujiさんがPICです。モグラを皆で乗り回す事になります。今日はヘッドウィンドが強く1000ftから6000ftまで一様に20から25KTも吹いています。セスナは比較的静穏な7500ftを飛んでいますが、我々モグラは2000ft以下を這って行きました。巡航速度100KTのセスナが25KTタコっても75KTですが、巡航速度80KTのモグラは25KTもタコると55KTになっちゃうもん!

Photo_6
GWなので関越自動車道の下り線は渋滞していますね!

Photo_4
荒舟山まで来ました。無駄に高度を上げずに遊覧飛行しながら飛行します。セスナは浅間山を遊覧しているみたいです。

Photo_5
美ヶ原高原美術館で高度を稼いで松本盆地から北アルプスに谷渡りします・・・セスナは雲を避けて糸魚川ルートを目指します。こちらは北アルプスからの富山空港ダイレクトを目指して先行するセスナを追いかけます(笑)・・・自衛隊の高高度訓練空域の通過調整もしておきました。

Photo_7
松本空港に降りる場合は向こう側の谷を目指してダイブ全開で降ります(笑)

Photo_9
松本空港からサイテーションがクライム IN VMCで上がってくるそうです!さっさと北アルプスに取り付きましょう~

1
槍ヶ岳が見えてきました。気流も安定していて北アルプス遊覧には適していますが・・・・

2
時間が惜しいので長居はせずに富山空港に向かいます。今度はゆっくり来たいですね~!

Photo_8
黒部ダムが見えてきました。去年のGWにアルペンルートを地上で超えたときは悪天候で吹雪でした(泣)

1_2
立山上空から室堂

2_2
称名の滝は雲がかかっていて見れませんでしたが雪の壁はバッチリです。

3
室堂で少し旋回して写真を撮った後は雲をさけてダイブ全開で富山空港にダイレクトベース!シリンダー温度に気をつけてパワー入れながら降下します。

Photo_10
無事に富山空港に到着です。

Photo_11
JA4065とJA2351に給油します。富山空港では事前に電話予約しておくと業者さんが航空ガソリンを運んで来てくれます。燃料代とは別に配達料は5000円かかりますが、航空ガソリンを入れられる空港が少なくなってきたので貴重ですね。(以前はモグラ用にハイオクも入れられたのですが、業者さんの都合で現在は航空ガソリンのみです)

Photo_12
富山空港で昼食を取り、能登空港に向かいます。
クルーはJA2351が私とA山さん、JA4065はfuji機長、G★、S楽さん、M井さんです。

Photo_14
能登半島は風光明媚なトコが多いですね!

Photo_13
能登空港をいったんオーバーフィールドして輪島方面に向かいます。

Photo_17
自衛隊の防空レーダーを見てから能登空港に向かいます。

Photo_21
能登空港でクルーチェンジして、JA2351はG★&M井さん、JA4065はfuji機長、けいぶん、S楽さん、A山さんです。富山湾を洋上飛行して柏崎原発を右手に見ながら新潟空港を目指します。

Rwy28
新潟レーダーにコンタクトすると大利根飛行場から今夜の宴会に参加すべくボナンザーオーナーがインバウンドして来ました。JA4065は南側からレフトベースに進入してRWY28です。

Photo_23
大利根から今夜の宴会命!で参加したボナンザ・・・(笑)
新潟空港は係留環のあるスポットは限られているのでモグラとセスナは仲良く一つのスポットを分け合いました・・・・係留ロープが知恵の輪になる!

Photo_22
とりあえず、新潟空港のターミナルで乾杯!あれっ?約2名違う人が???fuji教官とA山さんはG109Bで新潟空港のローカルフライトを楽しんでいます。

Dscf8892s
全員がそろったところで「乾杯~っ!」  cameraはfuji教官

|

« GW初日~★~ | トップページ | GW前半戦~2日目~ »

空技(ひこうき、モーターグライダー)」カテゴリの記事

コメント

 最近、昔のネガ写真を電子化していますが、立山や槍ヶ岳あたりを飛んでいる写真がたくさん出てきて、周辺地形などを改めて詳細に調べていたので、今回のけいぶんさんの画像やフライトの話は、非常に身近に感じました。

 立山の東側は比較的なだらかで、山の上の方(室堂平)まで有料道路が設置されていますが、この時期ということで、除雪されて道の両側に雪の壁がそそり立っている様子が、とてもよくわかりました。
 私はこの時期に飛んだことはなかったのですが、上空から見てもなかなかの眺めですね。

 あと、けいぶんさんは槍ヶ岳を撮るときに、いつも下からあおって撮っていますね。上から撮ると、せっかくの山の形が、背景の別の山々に埋もれてしまうのですが、そうとわかっていても、このあたりの高山のまわりを低空で飛ぶのはこわくて、なかなかできません(乱気流や風下の強い沈下があるため)。さすがはけいぶんさんです。

 それにしても、今回のJMGCの皆さんのツアーの様子を、MLやツイッターで見ていると、日本の空のレジャー飛行の大変さを改めて感じます。

 天気が変わりやすいというか、広い範囲に渡って、小型機が何も心配しなくてよい天気になることがなかなかないこと、空域の調整、スポットの予約、給油の手配など、制約が本当に多いですね(飛ぶ前に疲れてしまう)。

 いずれにしても、今回は暦の上の休日に天気がよくなり、皆さん楽しめてよかったですね。

投稿: ひらおか | 2013年4月30日 (火) 12時02分

ひらおか様
コメントありがとうございます。

そうですね、槍ヶ岳は上空から撮影するとどうしても「槍」がそびえ立つ感じが薄まりますし、写真的にも面白くなくなっちゃうので、見上げる写真がほしいですが、風下側は乱流と沈下の洗礼をいうけます。。。
自分も上高地側から槍ヶ岳にアプローチするのは怖くて、過去に10回以上行ってここ数年、やっと「行ける」と思える条件の時だけ行っています。今回はツアーの事もあるし時間も無いので大天井岳から尾根づたいに近づいて(尾根から転げ落ちないように)適当な所で立山方面に向かいました。次回、条件が良かったらもう一度いってみたいですね!

日本の空のレジャーですが、私は日本で育った?のであまり国外の事が良くわかりませんが、確かに制約が多いなぁと思いますが、思いのほか「自由」に飛べるって感じです(笑) 空港のpprや給油の手配、気象条件、その他諸々、全部含めて「面白い」ですよ~(笑)

投稿: けいぶん | 2013年4月30日 (火) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW初日~★~ | トップページ | GW前半戦~2日目~ »